新着Pick

漫画アプリの王者は「漫画が好きな人」を狙わない

東洋経済オンライン
――ピッコマの足元の成長を支えているのが、スマホで読むのに最適化した縦読みフルカラー漫画「スマトゥーン(ウェブトゥーン)」です。競合でもスマトゥーンに参入するアプリが増えています。競合のアプリは漫画…
125Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
紙マンガからの移行ではなく、YouTubeやNetflixと張り合い新市場を作る。マンガとは別の表現ですもんね。カカオピッコマ、Naver/LINEら韓国勢は日本の出版社とは発想の時点で違っていて、強い。
人気 Picker
出版社発の漫画アプリは、複数アプリに分かれているのを一つに出来ないのかな。
先ずユーザー層別の雑誌があって、漫画アプリもそれぞれの雑誌毎に別アプリとして配信されている。
集英社のメインはジャンプ+(利用者 230万人超)ですが、他にマンガMee、ゼブラック、ヤンジャン!があり、3アプリとも100万人近い利用者。ジャンプ+よりも利用者数の増加率が高い。
4アプリの利用者を合計すると500万人を超える(重複の利用も相当ありそうだけど)。
小学館や講談社も同じ傾向。

ピッコマが、LINEマンガが、縦読みが、というのも重要と思いますが、複数に分散して規模で負けてるのが、そのままピッコマ・LINEマンガと出版社系の差になってる気がします。
ピッコマ、すごいですよね、カカオピッコマのトップインタビュー「私たちの競争相手は、紙やデジタルの漫画ではなく、ユーチューブやネットフリックス、ゲーム」とおっしゃるのが面白い。
「App Annieの調査によれば、2021年第1四半期において、ゲームを除いたアプリ市場でピッコマは消費支出(販売金額)で世界7位にランクイン」
すばらしい業界観測と戦略です。ここまで差別化できると強いですね。

(以下、記事中から引用)
競合のアプリは漫画ファンにスマトゥーンをたくさん読ませて、(横読み漫画から)スマトゥーンへ移行させるという発想をしているのではないか。

多くの競合が勘違いするのは、「紙のユーザーをどうやったらデジタルで読ませられるか」や「アマゾンのkindleやLINEマンガで読んでいる人たちを、どうやって自分のアプリに連れてくるか」ということだ。それでは漫画の市場自体は大きくならない。

私たちの競争相手は、紙やデジタルの漫画ではなく、ユーチューブやネットフリックス、ゲームなどだ。業界の中ではなく、あくまでも外側と競争すべきなのだ。

重要なことはピッコマが、「漫画が好きな人」をターゲットにしていないことだ。われわれは、スマトゥーンで、そもそも漫画に興味がない人たちを連れてきて、深いコンテンツ(横読み漫画)にまで循環させている。私たちの新規ユーザーはスマトゥーンで終わりではなく、半年ぐらい経つと8割の人が横読み漫画と併用する。

既存の横読み漫画から(市場を)奪い取るわけではなく、むしろ日本の出版市場全体が上がることに貢献したいと思っている。

変な話、個人的には私はまだ漫画ファンには紙を買ってほしいと思っている(笑)。オンラインは便利だが、私も紙の雑誌で漫画を読みたい派だ。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません