新着Pick
236Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは大きなニュース!
今まさにヨーロッパのデリバリー業界は戦国時代。そして多額の資金が流入しています。

欧州のデリバリースタートアップの特徴は、海外展開がすごく上手だという点。9ヶ月でユニコーンになったGorillasも、わずか一年半で9カ国、60都市でサービスを提供しています。
逆に、米国のデリバリースタートアップは海外展開がすごく下手。DoordashはWoltの海外展開のプレイブックを買収しにきたのかなと思いました。
すごいニュースが舞い込んできましたね!ドアダッシュは日本だと馴染みかないですが、米国ではシェアの50%以上を握ってるフードデリバリーサービスです。売上の99%がアメリカに依存している状態です。一方で競合であるウーバーイーツは、アメリカでは2番手としながらも、海外では圧倒的なポジションを確立しております。今回の買収は、ドアダッシュの米国依存を脱却する狙いもあり、ヨーロッパやアジア、特に日本で大きな存在感を放ってるウォルトの買収に踏み切ったと考えられます。日本は世界でも最大のフードデリバリー国であるので、ここを握るのはドアダッシュにとっても投資のしがいのあるエリアです。
この領域は売上に占める変動比率高く、売上が伸びる=利益率改善になり辛い中で足元は流通総額とシェアを取り続ける争い。引き続き、各国で2〜3のサービスに集約されると思っています。
日本事業に関しては、DoorDashとWoltはそれぞれ都市ではなく、中核都市が主戦場だと思うので、かなりおもしろくなりそうですね。本国の動きなのでどこまで影響が出るかは読めませんが。

昨日、Wolt Japanは12月から沖縄での事業展開を発表
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000051508.html

日本最後発のフードデリバリー「DoorDash」 業界再編の波の中での勝ち筋
https://www.businessinsider.jp/post-236588
DoordashとWolt、各々のマーケットにおいて二番手で、資金調達も比較的には多くないながらも、粘り続けてきた二社、相性が良いと感じました。

M&A合意まで1ヶ月ほどだったようで、Woltのスゴイ株主の面々ーICONIQ、Tiger Global、DST、KKR、Coatueなども満足行く形で、流石です。

コロナが収束しつつ、外食も増え始めると言うまた新たなフェーズでの成長予測は容易ではなく、デリバリー人材(ギグワーカー)の取り合い、難しさもありますが、だからこそ数社が勝つ市場にはなりますね。

そして付随して、諸々の自動化・モビリティへの取り組みが更に進むことでしょう。

Doordashの株価も+16%と好反応ですね。


ちなみにDoordashのファウンダーCEOは中国からの移民、ご家族が飲食業出身、ととてもアメリカンドリームな企業で、個人的に好きでした。NBAとのパートナーシップを通じた黒人支援などもカッコよく。
一方で、Woltの青いキャラクターも日本にはフィットしたようですが。新たな日本でのブランディング戦略なども、楽しみです。
ドアダッシュがウォルトを買収!フードデリバリー業界はスピーディーな展開。
ドアダッシュがフィンランドの同業Woltを買収と発表しています。9000億円くらいでしょうか。すごい規模

リリースは下記。
https://ir.doordash.com/news/news-details/2021/DoorDash-Joins-Forces-with-Wolt/default.aspx
ユーザーからするとデリバリーサービス間のスイッチングコストは無いに等しいので、クーポン比較、キャンペーン比較で都度利用サービスを選びがち…これぞという革新性が見えてこないと、このまま果てしない消耗戦が続くか、もしくは各社の体力がつきた結果、利用者離れで業界ごと廃れるかのどちらかの未来しか見えない
規模の論理で最終的には1、2社が生き残るマーケット。再編劇は不可避。
Woltは80億ドルなの!すごいバリュエーションですね!