• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

乳がんの発症環境作る分子特定 金沢大など

日本経済新聞
4
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 高橋 祥子
    badge
    TAZ Inc. 代表取締役社長

    興味深い研究です。乳がんの早期病変はマンモグラフィで発見できてもがん細胞が増殖を開始する分子機構が不明であったため、現状ではがん細胞がその後悪性の浸潤がんになっていくかどうか見極めがつかず、侵襲性が高い手術をするしかないことが問題の一つとなっています。この研究成果を応用して微小環境内のFRS2β-NFκB軸の活性を調べることで、本当に手術の必要があるのか等より適切な処置に繋がると良いですね。

    ところで、このような科学系ニュースは何が情報源なのかを記事中にしっかり明記してほしいです。今回の研究はPNAS誌に10月18日にオンライン掲載された論文の研究成果に基づく情報です。

    論文はこちら
    https://www.pnas.org/content/118/43/e2103658118.abstract


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか