新着Pick
899Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
VR技術の向上、リモートワークの増加など社会全体として、メタバースを受け入れる準備が進んでいると認識をしています。

しかし、メタバースが普及した社会が、人類の幸福につながるのかで考えると、むしろ不幸を生産してしまうリスクが高いと考えています。

① 「収益 > 倫理」のプラットフォーマー

メタバースを運営する企業は、ユーザを長期的に滞在させ、サービス利用料や広告などで、収益を得ることを目指します。

メタバースは現実世界よりも心地よく、中毒性の高いものになっていき、SNSよりも、マインドシェアも時間も消費されるようになるはずです。

Facebookはこれまで、利用回数を増加させるために、アルゴリズムを強化し、それが人々の憎悪を増幅させること、社会に悪影響を与えていることがわかっても、利益を優先させてきたことが明らかになっています。

企業倫理が担保されない限り、彼らの創るメタバースも同様の危険性を孕んでいます。

② 身体性の欠如が生み出す影響

我々人類は、木から降りてから100万年を超えた時間を、仲間と暮らしながら、触れ合い、ぬくもりを感じ、助け合って生きてきました。

仮想現実空間でも、疑似的なフィードバックを目指すはずですが、現実と同等の水準に達するには時間を要します。

物理的な触れ合いを失くした空間で長時間を過ごすようになった時の、身体や精神への影響は無視できないはずです。

③ 匿名コミュニティは共感性を失わせる

実名になるのか、匿名になるかは、プラットフォーマーのデザイン次第ですが、完全な実名制を実現することは困難です。

我々が、他者に優しさを発揮するメカニズムには、自分に帰ってくるという社会的な合理性の側面があります。

匿名空間では、互恵関係が築きにくく、他者との連携強化が困難なため、悪口や嘘を平気で付けるようになります。

プラットフォーマーが心地よさを実現してくれるはずですが、そこで暮らす人たちが悪意に満ちた状態だとしたら、私はそこにはいたくありません。


「メタバースは、モバイルインターネットの後継者となる」

次の巨大な富をつかむために多くの企業が巨大投資を決めています。

しかし、その先にどういった社会を創るのか、明確なビジョンがない状態で、我々はメタバースを受け入れるべきではありません。
「気づけば6年、仮想空間で生きて稼いでる尾原です」メタバースが急激なバズワードになってますが、なぜfacebookが社名変更しようとしてまで本気なのか?
Newspicksさんに取材いただき、4つの方向から構造化いたしました。それぞれの方向でビジネスになる旬、投資になる旬が違うので皆さんの解像度があがるヒントになればです。
中学生の会話を聞くと、普通にVtuberの誰々が好きという会話をしているので、すでにバーチャル空間が当たり前になっています。匿名が前提ですが、マネタイズを考えると実名性が圧倒的に強い。そういう意味でもFacebookがメタバースにビッグベットしているのは正しい戦略だと思います。

‘’今、アメリカ発のVRChat(VRチャット)が、VRの技術を用いてVRとSNSを組み合わせたものとして広がっています。これは、ネット上の自分(バーチャル・アイデンティティ)がネット上で人間関係(バーチャル・ソーシャルグラフ)を作っていくサービスですね‘’
「メタバースの中で生きられるようになると、もはやバーチャル世界が当たり前のものになり、「リアルでしかできないこと」にフォーカスする重要性が増してきます。」
いずれにせよ、バーチャルとリアルをうまく活用することで、まだまだより良い生活ができる余地がありそうですね。メタバース勉強してみます!
ニュースのヘッドラインでも「メタバース(metaverse)」を度々見るようになりました。自分ではうまく理解できていない世界でしたが、尾原さんの説明で明確になりました。
完全にバズワードですね。
記事中のVRが何を指しているのか解釈が難しいですが、ヘッドセット型デバイスをつけて没入する世界のことのみを言うのであれば、コンシューマーの利用はまだ少し先になるイメージです。
恐らく、Fortniteやどうぶつの森、記事で挙げられているoViceなどモバイルやPCでもアクセスが可能なバーチャルから目的別でクローズドな一般利用が始まり、徐々にオープン化する。技術が発展したタイミングでVRメタバースが生まれる。そんな流れを想定しています。
ツールを賢く使うことによる生産性の向上はとっても大切だと思っているのですが、次から次へと登場するバズワードやデジタルツールにふわっと飛びつくことが果たして本当に幸せなことなのか?そもそも、本当に必要??という疑心暗鬼な自分もいます。
妄想が膨らむ記事。次の次なのかもしれませんが、人体とハードウェアの結合が試行されて、身体性の欠如を克服する流れになるように妄想します。バーチャルにリアル感がもたらされてバーチャルもリアルのような世界になって、バーチャルとリアルの境目があいまいになって、人のカラダは全身義体になって、魂はあるのかただのデータじゃないのか論争になって…すいません、ただの攻殻機動隊ファンが出てしまいました…
facebook自体が、今の世の中に嫌気がさした…というのも動機の大きな要素ではないかと…最近、強く感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社ユニバース(英語: Universe Co., Ltd.)は、青森・岩手・秋田に「ユニバース」の屋号でスーパーマーケットを展開するアークスグループの企業。CGCグループに加盟している。 ウィキペディア

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
106 兆円

業績