新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ルノーの業績が悪化すると、日産や三菱への圧力も高まります。回復が鈍いようだとアライアンスの枠組みにも影響が出る可能性があります。
ヨーロッパの産業界は、半導体不足に加え、エネルギー価格の高騰にも直面している。フランスでは、電気代の高騰のため、生産を止めた工場さえある。電気代が高いので、いくら注文が来ようとも、生産すればするほど赤字になるということである。
22万台の予想が30万台へ8万台拡大しそうということだ。世界で500万台、日本車だけでも170万台以上減産が拡大しようかというデルタバリアントの猛威下で、何の驚きもないニュースである。
22年までは半導体問題はメーカーを苦しめると思うが、23年以降は
好転するらしい。
ルノー(フランス語: Groupe Renault、英語: Renault Group、法律上: Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車メーカー。日産自動車(およびその傘下の三菱自動車工業)やダチア、アフトヴァース、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大級の自動車メーカーである。 ウィキペディア

業績