新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
驚きました…選挙は、正々堂々と戦うべき。
・・立憲民主党から出馬予定の小川さんが維新候補の実家に「出馬するな!」と突撃した件について「選挙区選挙はどの党であれ、野党一本化すべき」などと主張した・・

山本太郎さんの一件といい「野党共闘」のごたごたが続出です。どちらのケースも「後から立候補を表明した野党の新候補者に対して先に立候補を表明していた立憲民主党候補が反対する」という形です。明らかになったことといえば「立憲民主党の主導する野党共闘の調整不足」だというのが痛いですね。

今回の立憲民主党の小川さんのやり口はさすがに度を越しています。維新の新候補者にやってることなんてもうほとんど基地外の嫌がらせみたいなもんじゃないですか。

しかし。立憲民主党の小川さんが「野党候補を必ず当選させるという大義を語る」のは確かに正論といえば正論です。もしもそうであるのならば「維新の候補者に嫌がらせんするんじゃなくてあなたご自身が立候補を取りやめて大義に殉ずる」。そんな選択肢だってありゃしませんかねえ?

え?そんなの嫌だ?無理?自分だけが当選したい?ほう。なるほど。じゃあそんなもんただのご都合主義ってもんですよ。大義を語るな。
自分が断念する方法もあるよ。
公認発表後、小川氏本人から電話があり「出られたら困る」などと言われたという

小川氏は町川氏の実家の家族のところまで訪れ出馬断念を求めたが町川氏は「共産を含めた野党共闘は絶対にない」などと譲らなかった

小川氏は11日の維新の代議士会に乱入し馬場伸幸幹事長の腕をつかんで候補者調整を直談判した