新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
好奇心で突き抜けた真鍋さん。

追求し続けることを許容したアメリカ。研究だけではなく、もちろんビジネスでも、世界的に突出したものを生み出すのは素晴らしい。

アメリカ国籍の真鍋さんを、日本人が受賞したかのように報じる日本。研究の環境を提供できなかったのにと違和感を感じます。

今回の偉業を、本質的な課題を考えるきっかけにしましょう。
年間約3.8億の研究費を40年間獲得し続けてるって、、、絶句してしまった。実際は、例えば5年で約19億のグラントを8回当てるとかそういうことだろうけど、、、真鍋さんもアメリカも両方とも凄いな。

>引用
『大ざっぱな計算だが、40年間の滞米生活で気象研究のために使った研究費はざっと150億円。このうち約半分をスーパーコンピュータの使用料が占め、年間当り平均で2億円近くをコンピュータ代に使ってきた勘定になる。』
「お金が全てじゃない」...確かに全てではありませんが、何かを成し遂げる、競争力を得るためには「お金が大事」です。

日本が、なぜ、米国や中国に勝てないのか...ひとつの理由は「投資額」です。

研究でも、ベンチャーでも、スタートアップでも、同じですが、先端や尖ったものが当たる確立は、ほぼ千三(せんみつ)です。

それを承知で投資することができるので、成果がでます。真鍋さんも、日本で研究していたら、この成果もノーベル賞もなかったでしょうね。

更に言えば、設備に対する投資より、人材に対する投資がより重要です。

(以下、記事中から引用)
大ざっぱな計算だが、40年間の滞米生活で気象研究のために使った研究費はざっと150億円。このうち約半分をスーパーコンピュータの使用料が占め、年間当り平均で2億円近くをコンピュータ代に使ってきた勘定になる。これだけ膨大な資金を、日本からやってきた一人の気象学者に注ぎ込むアメリカの研究体制――真鍋はつくづく、この国の持つ多様性というか、懐の深さを痛感せずにはいられない。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
医学でもなく、理論物理学でもなく、地球物理学が向いている。若くして、しっかりとご自分の道を選択されていますよね。さすがだと思います。
日本じゃできなかったことだろうなぁ。しかし真鍋さんだけ特集するのって日本国籍を持たないけど日本にルーツがあるだけで勝手に消費するという日本メディアのワガママよね笑
どんな頻度で獲得したのかわからないけども、この規模の研究費はエゲツない。