新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ちと場当たり過ぎやしませんかね。

『少し前の午前0時29分、富士通が新しい復旧策を提案した。稼働系DBサーバーの物理ディスクを直接抜き差しするとの手法だ。富士通は「他社実績を踏まえれば短時間で着手でき、復旧する可能性がある」と述べていた。』
人気 Picker
すごい臨場感のある記事。災対用 DC のさらに待機系に切り替えって、まさか数時間でやるような想定はしてないでしょう。本当だとしたら良く当日中に復旧できたなぁというか、リスクを背負って切り替えた判断が凄いと思います。

データの正確性が大事な業務で、この規模の障害を深夜につくった手順書でえいやで切り替えるなんて、なかなか意思決定しづらいところ。これを「ためらって障害が長期化」と報じるのは流石にちょっと酷いなという気持ちになりました。むしろ現場は良くやった方では。
金融のシステムの大半は昔からの名残で災対センターのBCは災害などでDCそのものが倒れるような前提で作っていることが多いので、故障やシステム障害で切り替えるようなものになってないし、ストレージの同期なんかも逆方向のレプリなんか想定されていないので安易に戻せるものではないです。(そこはためらうというよりシステムの前提と違うことをしようとしているので実施しないのは当たり前です。)

最近システム故障でBCセンタに切り替えるニーズは増えているので、そういう作りに変える必要があるんでしょう。金融業界では同じIPアドレスで災対センターを作ってたりするなど古いアーキテクチャなことが多いですし常に災対センターと同期して稼働させておくとか異なるシステム設定で並行稼働させておく必要があり大きなアーキテクチャ変更になります。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.86 兆円

業績