新着Pick
321Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オンライン広告は、無意味なものが多い。資料作成のためにネット検索した結果、その関連広告が次々に登場します。

個人の趣味嗜好は時とともに変わるにもかかわらず、古いデータをそのまま活用した広告が表示されることもあります。広告主はそれでもネット広告に多額の費用を投じています。

検索データではなく、やはり決済データを取得しているところは強い。
トラッキング技術によるターゲティング広告の精度向上とユーザーのプライバシー低下の問題。ターゲティング広告は単価が高いので、アプリに広告表示すれば無料で使えるという仕組みが出来たのは革新的だったと思います。一方で、どこまで情報が出ているのか不安はあるので、ユーザーが選べる方がいいと思います。
数ヶ月前にこちらの記事を読んでサードパーティ Cookie の動向について少し調べたことがあります(コメントにまとめました)。
https://newspicks.com/news/5812927

その後も大きな進展がないようで、Google は先日サードパーティ Cookie の廃止を 2023 年まで延期すると発表しています。FLoC についても、相変わらず逆風が吹いているように思います。
https://newspicks.com/news/5971326

ユーザーのプライバシー保護はもはや不可逆な流れですが、記事にもあるように対価がユーザーに転嫁されていくのは自明かなと思います。広告ではなく有料課金のビジネスモデルも増えるでしょう。長期的にはインターネット広告の仕組みそのものが変わってゆくのでしょうが、過渡期には広告体験がこれまで以上に悪くなることが予想されます。すでに精度は落ちてきており、不快な広告が表示されることも増えているようにも感じています。短期的にも長期的にも、ユーザーとしては失うものがあるというのは意識しておいた方が良いですね。
プライベートと広告予算の話
こちらを立てればあちらが立たずで難しいですね…。
Web広告が減少してしまうと、他の形での偶然の出会いが求められるわけでD2C的なSNS活用がいまより力を持つのかも知れません。
どちらにせよ、グロースに伴って各企業のマーケ担当者は頭を抱えることになりそうです。
近年のデータ規制回り、Cookieからの移行について纏められていて分かりやすい記事。
Googleの構想としてあるFLoCにより、コホート化された属性へそれぞれ適した広告を出すという考え。
今までは個人によって趣味趣向が異なる為、結果One to oneに寄せていく考えが主であった。しかし、人間にはパターンがあり、本当に行動のコンテキストが揃っている人の集合体は、同じ興味関心を持つ様になり、同じく広告への反応率も同一になるとしたら、非常に新しいマーケティングが生まれる。
ネイティブ広告でやろうとしていた事が、これから先データ解析やAIによる精度進化によって、本当の意味でなされる様になるかもしれない。
個人ではなく、コミュニティを単位として、しかも、そのコミュニティは、ユーザーが自分で指定できる…それがFederated Learning of Cohorts(FLoC)の概念の簡単な説明でしょう。

これにより、広告は出しづらくなり、広告主から収益を得られなくなるため、いろいろな場面で、個人から課金による収益を得なければいけなくなるでしょう。

インターネットエコシステムでの課金の概念が変わるくらい大きな変更ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません