新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
強いなw 配信サービスを持っている大手スタジオは劇場公開と配信開始時期をできるだけ、近づけたいと考え始めてる。劇場からの売り上げレベシェアがある有名監督や俳優は大反発。これからも綱引きは続きそう


クリストファー・ノーラン監督が“原爆の父”ロバート・オッペンハイマーを描く次作のためにユニバーサルに要求した条件が明らかに

映画の制作予算は“小規模”に1億ドル、同額のマーケティング予算とクリエイティブの全面監修、劇場公開1日目からの総収益の20%、およびリリースの3週間前または3週間後に、別の映画をリリースしないスタジオのブラックアウト期間。配信サービスでリリースは100日間の劇場公開後