新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
当社代表落合文四郎による「経営とリーダーシップ」に関する1,000時間以上の研究成果を発信するnoteの最新記事です。

前回ならびに前々回の記事において、ヴィジョンの構想プロセスについてお話しをしてきました。これまでの内容をまとめると次のようになります。

ヴィジョンの構想プロセス(途中まで)
①主体的真理から始める
②意識の自然な流れと、意識の偏在のギャップに注目する
③問いを立て、直感を活用する
今回の記事では、このヴィジョンの構想プロセスの最後のポイントについてお話しします。

上記の①〜③のプロセスは個人で行うプロセスになりますが、個人で構想したヴィジョンあるいは、ヴィジョンの元となる直感をもとに、チームで共創するプロセスが最後のポイントになります。