新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たしかに大学の経営ガバナンスは問題が山積しているけど、外部の知恵というのは誰の知恵なのかが重要。
有り難い救世主となるのか、余計なお世話となるのか。
ただの厄介な利権団体が増えるだけにならないといいなと切に思います。
R&Dの中心が企業側にシフトしたことで、産業のR&Dにとっての大学の存在意義が揺らいで来たのがここ数十年の傾向。

だからといって大学に稼げというのはね。

いや、稼げない社会だから大学を維持できないのだ。

近現代の大学が、産業、特に重工業のために作られて来たとはいえ、このままでは稼げない営みをやる場所がますます世界から失われていく。

その為には稼がないと行けないんだが、大学はどこまでその主体になるべきなんだろうか。そういう所があってもいいとは思うが。

知とはなんなのだろうか。

私はお金をKPIとしない世界をどう構築できるかが、その社会の文化を決定づけるのではないかと思っている。その為に稼ぐ必要がある、、、。


追記
「稼げる大学」などという表現は時事通信が勝手に書いたことで、元の報告書は大学ファンド活用や研究環境の改善などまともな提言になっている。やはり、問題なのはメディアのレベルなんですかね。

https://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihui056/siryo2.pdf
だれが音頭取ってやってるのか? ここまでの大学改革、一度立ち止まって総括したらどうか?
直近役に立ちそうな研究だけを進めるということで世界的な競争力を落としてきたのに、それをさらに進めるような経営環境を進める感ある。

研究領域の多様性を保つことで、世の中どのように流れても、研究の多様性の中から役に立つものが出てくるというのが本筋で、決め打ちするのはお金を節約してるようでいて、将来の可能性を半ば捨ててることにもなる。

そんな価値観を共有できるような外部経営人材であればいいのだが。
身近な例で恐縮ですが、大学が出資する営利企業として下記が先行例としてあります。
・教育の提供
・学術的知見の提供(コンサルティング)
が柱となっています。


東京大学 エクステンション株式会社
https://www.utokyo-ext.co.jp/

東京大学エコノミックコンサルティング株式会社
https://utecon.net/
「稼げる大学」と言う、会議資料には登場しない非常にミスリーディングなタイトルのために、「稼げる研究だけをしろというのか」といった議論が巻き起こってしまっていますが(報道の無責任 )、会議の議題は大学ファンドなどについてですね。

大学ファンドを運用してその運用益を大学運営の予算にしようという方向そのものは評価すべきだと思います。実際にハーヴァードやイェールなどはそういう運用益が大学予算のかなりを占めるようになっているので、むしろ基礎的長期的な研究教育を継続するためのものと位置付けられています。

参考: https://coralcap.co/2021/05/yale-university-endowment/

ただし、今回の大学ファンドは原資が結局税金なので、「ファンドがうまく回っているようだから大学運営交付金を減らそう」といった方向にいかないように注意する必要があります。

そもそも、日本は大学への寄付が残念ながら少ないの現状ですね。「大学や教育は大事」という人は多いけれど、自分のポケットから少しでも寄付しよう、という人が少ない(ので、ファンドも税金が原資ということになり国から色々ガバナンスに横槍を入れられる)。

もちろん「大学や教育は大事なのはわかっているが家計も苦しいので」ということなのかもしれませんが、そうだとしても「家計」を「財政」に置き換えるとそのまま財務省の言い分になってしまうのですね.. (ちなみに大学への寄付はちゃんと所得控除の対象になります)。
外部に頼らなくても、すでにお給料お支払いしてる、経済・経営学部のセンセイ方がいらっしゃるのでは?

External advisory boardってことなんですかねぇ
大学の研究の社会への実装などオープンで活発な交流を目指していただきたいです。また、大学に資金が還元されれば「稼ぐ」役割にはなりづらい基礎研究なども安定的に行えるようになるのかな、と期待しています。
「稼げる大学」って言葉が強いので、拒絶反応を引き起こす。
大学について「稼げるかどうか」を指針にするのは危険。短期的な研究は民間で良く、あくまで基礎研究を中心にした長期的なKPIが必要。質の低い大学を淘汰するという目的は評価しますが、やり方がおかしい。科学リテラシーが下がるような施策がここにも。