新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
開催の決まったイベントの扱いについて感染症に特化した専門家の意見を今さら聞く筋合いでもないので、質問されれば「(政府から)意見を聞かれたことはない」という答えになるでしょうし、人生に一度あるかないかの活躍の場を得て感染防止に注力されるお立場である以上、個別のイベントについて意見を求められれば「今の感染状況はかなり悪い。そういう中で考えていただければ、当然の結論になると思う」とお答えになるのはむべなることかと思います。しかし、こうしたご発言の積み重ねがメディアを通じて政権の足を引っ張って、意図するとせざるとに拘わらず、そして是非善悪に拘わらず、支持率の引き下げに貢献しているんじゃないのかな・・・  
以下は8月16日までの直近1週間の各国の人口10万人当たりの陽性者数と死者数です。
日本    90人(0.1人)
アメリカ 849人(1.5人)
イギリス 252人(0.9人)
フランス 224人(0.5人)
また、8月17日までの人口100万人あたりの累計陽性者数と死者数は次の通りです。
日本    9,184人(122人)
アメリカ 111,357人(1,879人)
イギリス  94,246人(1,960人)
フランス  94,201人(1,662人)
活動再開に向けて動いて消費も経済も勢いを増した米、英、EUと比べ陽性者数も死者数も明らかに少なく、身内に医療機関を抱えぬ第三者なら、感染状況の評価と打つべき対策の焦点は違って来るかもしれません。パラに児童を入れることの是非を問うなら、高校野球の応援に学生さん等を入れることの是非も問う必要があるはずです。政府が関与するオリンピック、パラリンピックにのみ焦点を当てて執拗に質問するのは何故なのか。
分科会には経済の専門家もいらっしゃるはずで、開催の是非を真摯に考えるための質問なら、最低限両者に回答を求めるのが筋だと思いますけれど、それでは記者さんの狙いに嵌らない (・・?
コロナ感染症対策分科会の尾身会長ですが、東京パラリンピックで、児童や生徒に観戦機会を提供する「学校連携観戦プログラム」の実施に慎重な姿勢とのこと。そりゃそうだろうなと思います.....
分科会はリスク下げとけば批判されない。それって素人でも言えるけど。
子供が感染してその親が感染して亡くなったりしたら誰が責任を取るんだろうね。少なくとも親が2回接種済みとか条件を付けたら?
尾身氏は自粛でも何も痛まない立場だから、思い切り制限かけるのがドミナント戦略、というのは余程の馬鹿でない限り気づきます
「人流制限」しか能が無い分科会にはもはや用は無い