新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本がロシア首相の訪問が行われないよう、「これまでもさまざまなレベルでロシア側に対して、繰り返し申し入れしてきた」にもかかわらず、ロシア首相が訪問を敢行した目的は、(1)ロシア国内向けに「ロシアは北方領土を返還するつもりはない」と発信する。(2)ロシア首相の択捉島訪問に対して、日本国内の容認派、傍観派、強硬派(共同経済活動中断)派の3つの反応をテストする。(3)日米関係強化路線、日米豪印協力推進路線に対して不満を明示するため。