新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AERAが珍しく立憲民主党を叩いてます。しかし日本のワクチン接種が遅れた根本的な原因は、日本人に広まるワクチンに対する心理的なアレルギーです。なぜそうなったか、端的な例は子宮頸がんワクチンです。科学的に極めて不正確な根拠で朝日新聞やAERAが国民の不安を煽りまくりました。そのために厚労省や政治家もまた朝日新聞やAERAが国民を焚き付けてワクチンへの反発が強まるのを恐れてしまい、本来なら強引にでも接種を早めるべきところを、世界の先進国が早急に接種を始める中、日本は半年も遅れてしまいました。
つまりなぜ日本でワクチン接種が遅れたかというと、朝日新聞やAERAなどのメディアに踊らされた国民自身のせいです。最大の原因は国民です。なおその後、子宮頸がんワクチンの安全性が証明されても、朝日新聞もAERAも謝罪することはありませんでした。ですからこの記事は、いわゆる典型的な「おまゆう」(お前がそれを言うか?のネットのスラング)案件です。
「立憲や共産党がワクチンの国内治験にこだわり、欧米各国で行われていたワクチンの緊急使用に猛反対したことが接種の遅れにつながっていることは既に知られているところだ。「ワクチン交渉は非公表なのでこれまで報じられていませんが、実は立憲民主党所属議員の軽率な国会での言動がファイザーの怒りを買い、ワクチン供給の遅れに一役買ったという重い事実があるのです」(官邸周辺者)」

アエラが書くのならよほどのことだ。
政治家全体として日本でのアンシャンレジームから脱却してほしいんだけど。

コロナとオリンピックで、与党も野党も、民意とはかけ離れた行動様式思考様式で動くことが多く、双方に失望してる人も少なくないのでは?

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン