新着Pick
356Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その一瞬のために、何年も苦難を乗り越えてきたアスリートの裏話は、心振るわせるものがありますね。がんばれ、山縣選手!がんばれ日本!!!🇯🇵
本日は日本選手団の主将で陸上男子100m・山縣亮太選手の独占インタビューです。

筆者自身は、慶應大学の競走部(陸上部)で山縣選手と同期でした。
在学中に多くの時間を一緒に過ごす中で、彼を見て思うことはたくさんありましたが、とにかくここぞで期待を裏切らない。それでいてただの安定型でなく、想像を超えてくる。リオ五輪はその凄さが遺憾なく発揮された大会でした。

卒業後も山縣と接する中で感じるのは、本当にリオ五輪の後は辛かっただろうなということです。とても素直な性格の人なので、桐生やサニブラウンといった若手の台頭は、割とすんなりと受け入れていたようです。しかし、9秒台に向けて「先を越された」というのも事実。2019年の暮れに話を聞いた時、「9秒台の選手たちには、自分に見えていないものが見えているのではないか…」と語っていたのをよく覚えています。

そしてその後も怪我に病気、コロナの制約もありました。山縣自身も全く記録が出せず、見ているこちらですら「東京五輪は難しいのではないか」と思ってしまったほどでした。陸上ファン以外は「山縣」という名前も忘れかけていたかもしれません。
だからこそ、今年不死鳥のように復活し、9秒95の記録を叩き出したときには「山縣は、想像を超えてくるヤツだ」と思い出させてくれました。
今回のインタビューでも詳しく語ってくれていますが、五輪を控えて叩き出した9秒台は「ホッとした」のだそうです。もう自分にプレッシャーをかけなくていいからです。

実は山縣は大学に入った頃から9秒台を強く意識していたため、記録を出すまで大好きな炭酸をやめると誓って、実行していました。(炭酸グミは本人的にOKだったらしく、グミと水を同時に飲むという涙ぐましい姿も)僕の記憶では社会人になってからも続けていたように思いますが、記録を出したときに聞いたら「どうせ記録は出るから、ちょっと前から飲んでた」とのことでした。なんか、色んな面で大人のアスリートになった感じがします。

と長くなってしまいましたが、山縣は、本物の苦難を乗り越えてここまできた選手です。一外野の陸上ファンとしては、五輪がどんな結果であれここまでの道のりは文句なく素晴らしい。でも100mの決勝進出、400mリレーの金メダルも見たい。山縣、頼むぞ!!
『ただ僕がお伝えしたいのは、結果が出ても出なくても、全てのアスリートが必死で戦っているということ。必死にもがく姿や頑張っている様子から、何かを伝えられるはずだと思っています。
そして、だからこそ僕たちは、与えてもらった五輪という最高の舞台で、見ている人が少しでも前向きになれるよう、全力で競技に取り組むしかない。
少し選手としてわがままを言わせてもらえるならば、五輪では、結果そのもの以上に、必死な姿を見てもらえたら嬉しいです。
目標に向かってがむしゃらに、全力で走ります。』

超絶応援!
同じ大学ということもあって以前に何度か食事をしたことがあるが、とても実直な気持ちの良い青年のように感じていた。
このメッセージを見ると、負けを認め、信頼できるコーチと共に主観と客観のバランスを取り、もがきながらここまできたんだと胸が熱くなる。彼のレースを見るのが楽しみ!
長年陸上競技を見てますが、山県選手の印象は、人格者で大舞台に強く、9秒台の実力はあるのですが、ケガや恵まれない風等によりなかなか9秒台を出せない選手といった印象でした。
しかし、昨年ケガで本調子ではなかった山県選手にとっては五輪がコロナで延期になってよかったですね。
さらに先日のレースでは、山県選手のレースでは珍しく公認ぎりぎりの追い風2mでしたから、やはり風が良ければ記録を出すと思ってました。
このように、今年の山県選手には良い風が吹いていると思いますので、100mでの決勝進出とリレーのメダル獲得を期待しています。
「少し選手としてわがままを言わせてもらえるならば、五輪では、結果そのもの以上に、必死な姿を見てもらえたら嬉しいです。目標に向かってがむしゃらに、全力で走ります。」
ほんとに、この言葉につきるなと思う。
五輪が始まった23日から、外に出ると、まちを行き交う人の表情に明るさが戻ってきているのを感じます。
この期間中は、純粋に五輪観戦を楽しみ、エネルギーにしたいと思います。
メダルラッシュが続いており、自然とメダリストに注目が集まりますが、全てのアスリートが必死で戦っている姿こそ見て欲しい、という山縣選手の言葉はスポーツの価値の本質を表していると感じました。
人生の、競技者としてのアルゴリズムを感じました。

キャリが長ければ長いほど、このアルゴリズムには浮き沈みが伴います。言い換えると自分との戦いと同時に、いつも、自分自身をよく知るという事も、長いキャリアになればなるほど問われるのかなと。

オリンピック、開催においてこれからも賛否両論があると思います。風当たりはこれまでになく険しく、開催前日まで逆風の中、推進してきたと思います。もし、もし、無かったこととなっていたら、今夏はどうなっていたでしょうか。スポーツウイメン、メンにとって、何を目標としていくべきか路頭に迷っていたと思います。

真のメダリストとは、コンディションを最高潮に高め、重圧に耐え、あらゆる状況に適応できるメンタリティと柔軟な筋肉やアジリティを所持するアスリートかなと思います。

無観客にも賛否両論ありましたが、集中力と、観客がいなくてもベストのパフォーマンスを追求できる、オールラウンドな環境でも全くぶれないという状況判断とセンスというか勘、着実に日本選手の方々に現れているのかなと思います。

もう立ち止まったり、籠る事は、オリンピックを機に変えていきたいですね。

キャプテンの活躍に1番期待したいと思います。
山縣選手はこの数年ほんとにつらなかったのではないかと思います。
それでも諦めずに向き合って来られた姿はほんとにかっこよく、オリンピック直前に自己ベストの9秒代を出された時はすごく感動しました。
特に最近は表情や雰囲気がすごく良く、このレースで山縣選手は何かやってくれるのではないか?
そんな期待が持てます。

できればスタート直前の緊張感から。テレビ越しではありますが、リアルタイムで観たいなと思っています。
この連載について
1年の延期を経て、ついに東京五輪が開幕する。開催前には反対の声も多かった57年ぶりの自国開催の夏季五輪は、どんな大会になるのか。スポーツに興味がなくても楽しめる、ビジネスパーソンのための五輪特集をお届けする。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン