新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
シャーマン国務副長官は、クリントン政権時代からアジア問題、とくに米朝関係の政策立案と交渉に関与してきた人。バイデン政権は発足前からシャーマンさんを国務副長官にすることを決めていた。そして政権発足直後にバイデン政権は北朝鮮の非核化を米朝交渉の入り口とはしないで「最終目標にする」という柔軟な方針を打ち出し、北朝鮮との接触を図ってきた。しかし、バイデン政権が米国の北朝鮮政策を変えようとしていることを、いまのところ北朝鮮は読み取っていないのだろう。