新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「去年の同じ時期と比べてプラス7.9%で、5期連続のプラス」、「前の3か月が去年の新型コロナウイルス感染拡大による影響の反動もあって過去最高だったことから、今回の伸び率はそれより小さくなりました」とのことですが、1~3月は18.3%増でした。直前の予想よりやや高めに出たようですが、大方の予想の範囲内かと思います。
依然高い前年対比の成長率ですが、他国の停滞分をカバーして輸出を伸ばしてきた側面も多少はありそうなので、世界が落ち着きを取り戻す中でどの程度の成長率に落ち着くものか・・・ (・・
最悪だった昨年1-3月期と比較して過去最高の伸びとなった前期の前年比と比べて伸び鈍化と言われても、といった感じです。
むしろ前期比では1-3月期より今回4-6月期の方が加速してるんですけどね。
中国が発表した2021年4~6月期のGDP(実質)で前年同期比7.9%増となりました。堅調な工業生産が支えました。
厳格な水際対策で中国国内での「流行」は完全に抑えられている状況です。
マスクなしでほぼ行動制限はなく、観光地もコロナ前のような賑やかさが戻りつつあります。

「ゼロコロナ」の方針は正解かどうか分かりませんが、「Withコロナ」はまだ道が長いように見えます。
伸びてるけど実態は一部だけが伸びてるという感じでしょうか?原材料価格の高騰、少ない個人消費など、問題があるということは伸び代がまだまだあるということで、課題の解決策が出れば伸び続けるんでしょうかね。

詳しい方に解説を求めたいです。