新着Pick
462Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
購買者をモルモットと呼んでいるのは違和感があります。
少なくとも商品を自分で選んで購入しているわけですから、非が売り手だけにあるとは思いません。
もちろん、もっとミニマムで失敗することもできるでしょうが、逆にこの規模で失敗させられるのがAmazonの強みだと感じます。

逆に、常に完璧な商品(とファンが感じる)を出し続けるのがApple
それはそれで素晴らしいのですが、ブランド力の賜物でイノベーションの速度は遅くなっているとも感じます。

どちらがいいではなく、どちらも良くて、単に戦略によるのではという印象を受けました。
家電製品の歴史には、今回のレポートと同じような出来事は山ほどあります。ビデオテープやMDは新技術に取って代わられました。OSもそうです。進化するたびに、これまで使えていた機能がなくなったり、操作方法が変わったりしています。それが、時代の流れというもの。それに対応する能力が人間にも求められます。
「(アマゾンは)世界で一番、失敗できる会社です(私たちは訓練を重ねています!)。失敗と発明は切っても切れない関係にあるのです」これは強いですよね。
>際限のないイノベーションに取り組むアマゾンに翻弄されるモルモットなのだ
そんな当たり前のことはみんな知ってるでしょう。アマゾンはたしかにわかりやすいですが、だいたいの企業は同じようなことをやってます。売れないサービスを顧客がゼロ人になるまで赤字を垂れ流して続けることを良しとはしないでしょう。
そもそも買い物をするというのは、その企業のモルモットになる側面がありますよね。自覚なく買い物をしている消費者の方に問題がある。
いわゆる未完成品を市場でテストして徐々に改善するプロセスが一般化したのか?

個人的な意見としては、勿論生産プロセスの技術的な進歩があると思いますが、本質はユーザー側に多少問題がある商品でも先に試したいという需要があるせいだと思います。

自分がいるゲームの世界はこれが顕著で、シリーズモノでないものに関しては、多少問題があっても、何らかの面白い要素があれば不満があれど継続して使ってくれるという印象が僕には経験則的にあります。
(ただし、運悪く不具合に遭ってしまったユーザーは即離脱してしまうので、この辺りは限度があります)

これは不愉快と楽しいは、対称的な打ち消し合う存在ではなく、非常に不愉快だが非常に楽しい商品というのが存在しえるのだと思っています。

現代的だと思いますが刺激的であることは何より大事な時代なのだと思います。
突然サービスが終了したり、プライベートな空間に入り込んだり、消費者にとってはたまったモンじゃないですね。
アマゾンダッシュボタンは良いと思ったんだけどなぁ、、
成功もあれば、失敗もある。失敗だけを取り上げて、ダメ出しすれば、こういった視点の記事になります。

しかし、うまく行って、それがユーザーメリットになっていることも多いので、全体としてはamazonは社会貢献、ユーザー貢献していると感じています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
188 兆円

業績