1233Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
文中の「「r>g」は“理論”ではなく“事実”であることを浮き彫りにしました」の表現が興味深いですね。
これの表現には、経済学では理論が飛躍しすぎて、必ずしも事実に即さないことが往々にしてあることを含んでいると思います。
山形さん今度某所でお会いすることになっているのですが、お顔を初めて拝見しました。
ピケティの世界全体で逃げ場なく累進課税するには、課税権という国家の主権を侵食する必要があるので、結局権力闘争だよなと思ったり。

サンデルの新著にもありますが、能力と成功は相関もないですし、能力主義は人種性別の平等を推し進める功績はあったものの、結局社会の流動性を高めることはできず、運でしかない勝者を称賛し敗者を侮辱するレトリックを正当化するという弊害が拡大しています。

斎藤さんの「脱成長コミュニズム」など、資本主義の弊害への処方箋がさまざま提案されていますが、何が良いかというより、結局大多数が共感するレトリックが最終的な社会のルールを作っていくので、それがなんなのかを最初に探し当てた人が勝つんでしょうね。

そして、他の人よりも「勝つ」ことを目的に投資を勧めても社会的な解決にはならない。
これ、資本主義の話でなく、ピケティの21世紀の資本論の話。

ピケティの業績は素晴らしいとは思います。200年以上ものあるんだかもわからないデータを丁寧に紐解いた功績はスゴい執念です。

でも、たかが200年、しかも全部のデータを調べられるわけもなく、私は意思決定に使うにはあまりに曖昧で、それっぽいこと言ってるなくらいの感想でしかありませんでした。話題になっていたので読み切りはしましたが、徒労感は半端なかった。だって、あまりに当たり前。もし r<g だったら、誰も投資しないので、資本主義の根底が覆ります。

資本主義を何たるかを議論するのであれば、もっと違う観点から入ってほしいなぁ。
ピケティはボリューム多いけど、テーマとしては軽いと感じます。私は、これを経済の専門書とは認めないですね。歴史書に近い。

個人的には資本主義の議論は、哲学の分野だと思います。
答えは人間には見つけられないかもしれない。

あ、広告記事だ。
そりゃあ投資を勧誘しますねw
『本心』でも書いた「あっち側」と「こっち側」の話。あまり指摘されないけど、「あっち側」のセレブの生活を「こっち側」からソーシャルメディアを介して擬似体験(シェア)出来てることで対立の激化が緩和されてる、というのはあると思う。
広告記事じゃねえか。
大和さん、そんなことより株の売買手数料もっと安くしてよ。
「r > g」が理論ではなく事実・・・という部分を読みながらThe Work of Nationsを書いたロバート・ライシュの主張を思い出した。彼は支配層による富の再分配の仕組みの悪い意味でのハックが格差を生み出したと主張して支配層に意識の転換を求めた。
「r > g」というマクロ、「社長と一般社員の過度な賃金格差」というミクロ。どっちもリバランスするのが正しそうです。
スポーツビジネス業界は、基本的な資本政策や投資の概念が抜け落ちてる企業・団体が多いことが課題の一つ。
資本主義の仕組みや歴史を学び、気合と根性、アイディア勝負の営業から抜け出さなければ。
面白い。まあ僕は適切な格差は必要だと思っています。ジェフベゾスはほとんど税金を払ってないですが、国よりうまく資本を使って社会を豊かにしてくれると思うので問題ない。
お金は使い方が上手い人のところに集まった方が、いいと思うんですよね。