新着Pick
1241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人生の目的(パーパス)と仕事が繋がることは、至福の幸せですが、同時にそこまで行き着くのに、なかなか時間がかかるのも事実ですね。

まずは、マズローの「自己実現理論」の人間の5大欲求で、今自分がどの欲求の段階にいるのかを理解することも良いのでは。1-2段階である物質的欲求が満たされると、3以降である精神的欲求に人は移行していく。その頃から、自己実現を考えるようになります。ですから、まだ駆け出しで1-2段階のうちは、人生の目的を考える余裕もないのも事実。

精神的欲求へ移行すると、自己実現=人生の目的(パーパス)を考えるようになるもの。人生の目的とは壮大なようですが、シンプルに自分が一番喜びを感じることは何か。人の成長を促すのが喜びの方もいれば、周りを支えることが喜びの方もいて、喜びを感じる事柄は千差万別。シンプルに喜び・幸せを感じること=人生の目的のベースだと思います。そして、人生の目的が明確になってくると、仕事のやりがいも100倍増え、楽しくワクワクしますね。人生の目的を内省の問いを続けて明確にする、自分が人生の舵を取るために大切なこと、深いです。
最近の拙著にも書きましたが、社会や人生の課題の多くは、手段の目的化にあります。計画や予算やルールなど、よりよい社会や人生のために創られた手段が、ある時から、目的化し、本来の目的の実現を阻むものになってしまっています。
 これを防ぐには、常に目的に立ち戻り、手段を目的に従属させることです。揺るがず、手段を目的に従属させることができれば、様々な議論の混乱や日本の競争力の低下など多くのことが好転すると確信します。
 年度の計画を立てて、1ヶ月後に状況が変わったとします。外部環境も変わり、自分が見えることも行動した結果変わった結果、当初の計画は、今となっては、適切でなくなった時に、どうするでしょうか。変化の時代に、ほとんどの場合にこのような状況が起きています。
 今の組織や社会では、この時に、計画通りに進めることを優先する人がほとんどだと思います。これが組織や社会をおかしくしているのです。
 常に目的を明らかにし、手段となっている計画や予算やルールを、目的のために柔軟に変えることが必要です。当たり前のことですが、ほとんどの組織ではこれができていません。
 この当たり前のことを当たり前として貫けること。これが哲学ということかもしれません。この哲学はまさに我々に必要なことです。
本著の表紙にある「Hungry Spirit」が気になります。これからの時代を切り開くためには、個人個人がハングリー精神を持つことが大切だと言いたいのでしょうか。

「正当な利己性」とハングリー精神の接点を知りたいと思いました。他者のため、大義のために自己を忘れた時、一番自分らしくなれる。そのための、ハングリー精神が必要なのでしょうね。

こういう疑問を説くためには、ちゃんと本を読まなくては・・・。自戒を込めて。
人生の目的を無理に考えすぎると、苦しくなる事もあると思います。
また未来を気にするあまり、今を犠牲にしている事もあると思います。
例えば老後の為に、今は我慢して貯金するとか。
それよりも今を如何に楽しく生きるか、に集中した方がよっぽど人生は楽しい。常に一番活力がある今の自分に、沢山の投資をする事で、新しい目的や、やりがいに出会えると思います。
今を生きる力があると、資本主義の犠牲にならない気がします。
チャールズ・ハンディは、人によってはドラッカーと並んで評される経済思想家でしたが、近年本当に忘れ去られてしまっています。
彼はいくつもの名著を出しています。
この本は彼の1997年の著作で、翻訳が出たのですね。読んでみようと思いました。
思想史的にどう位置付けられるか、改めて考えてみようと思います。
この分野は、ようやく世の中がアドラーに追いついてきた感じです。

アドラー心理学は、まさに現代向けの理論と実践方法だと実感する今日このごろです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
本作品の、古さを感じませんでした。むしろリアルに刺さりました。
正当な利己性
遺伝子は利己的、そこに本質あり、ですね
また、”利己”があるのは、その時その時とも、思います
仕事が楽しくなると人生も楽しくなるよね。
仕事が全てじゃないけれど、大切な要素だと思う〜。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。