新着Pick
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
HuaweiのハーモニーOS(鴻蒙OS)についての記事で
大変に参考になった
①短サイクルのPC/タブレットと異なり、白物家電や
 社会インフラ向けIoT製品のOSは長寿命が期待される
②そのためには既存オープンソース(Linux/Android等)
 と異なる運営体制のニーズもありハーモニーOSが誕生
 -必ずしも米国からの制裁回避の文脈だけではない
③Googleも類似思想から、IoTに対応したOS Fuchsiaの
 開発を進めるが、この領域ではHuaweiが一歩リード?
 -GoogleはAndroidで培った開発者コミュニティある
  一方、中国はIoT機器の優位性(最大生産/消費国)

個人的な気づきとして、(②に関連して)何事も分かり
やすいトピックと紐付けて単純化されてしまいがちな中、
背景に流れる別の本質的な技術/業界構造の流れにも常に
アンテナを張らねばと改めて思いました
・「米国制裁→国産OS」は分かりやすいが社会インフラ
 向けIoT製品の普及に伴っての独自OSという背景もある
・同様に例えば「問題スピーチ→IT大手制裁等」も分かり
 やすいが、実際には長い時間軸で独禁法の仕込みや、
 野放しのネット金融の規制が検討されていたと言う話
 (これはNewsPicks上でも精力的に特集が組まれて
  読者の理解が進んだと思いますが)
米国の制裁に苦しむファーウェイ。中国は技術力を飛躍的に発展させていますが、それでも他国に依存せざるを得ないのが、半導体とOSです。

こうしたなか、ファーウェイが発表した「ハーモニーOS」が注目を集めています。グーグルのアンドロイドに代わるスマートフォンOSの新たなスタンダードになるのか、そこまではいかなくともiPhone、アンドロイドに続く第三極になるのか……。

このようにスマホをめぐる戦争として理解されがちですが、ハーモニーOSの開発経緯や設計思想を見ると、まったく別の構図が見えてきます。ファーウェイとグーグルが争うのはスマホだけではなく、「The Next Big Thing」の大本命である「IoT」なのです。

なぜIoTに新たなOSが必要なのか。ファーウェイは何を狙っているのか。そして、勝機はあるのか。中国のIT企業に詳しいZUNDA株式会社の澤田翔CEOにうかがいました。
ファーウェイの取り組み興味深いです。ハーモニーOSとグーグルの新OSが激突する未来があるのでしょうか。製品のOSって有無を言わさず入ってくるので、どこのメーカーが家電などで優勢かとものすごく関係しそうですね。
HuaweiのハーモニーOSは、GoogleのAOSP(Android Open-Source Project)を基に開発したOSです。そのため、一部ソースコードはAndroidのコードを流用していることとなります。
「国産OSかどうか」中国国内では賛否両論ありますが、個人的に下記2つのポイントを注目しています。

1.エコシステムの定着
ソースコードはどうであれ、Google Androidのエコシステムから完全に脱出し、ハーモニーのエコシステムを一から作り出し、ユーザーの囲い込みがうまくできるか。

2.IoTメーカーの巻き込み
ハーモニーOSはスマートフォン向けより、スマートフォンや家電などを含めたIoT向けのOSとなり、敢えてAndroidと異なる概念を提唱した。スマート家電メーカーの大半は中国国内にあり、メーカーをうまく巻き込んで広げていけるかが鍵となる。
今後もスマホなどのIT機器がネットワークから切り離されることはなく、情報がプラットフォーマーの手の中にあることを考えると、現体制の中国にそれが置かれることには、やはり不安の方が大きいですよね。
難しいですねー。
楽天モバイルもそうですが、後発はわざわざ乗り換える理由を作らないとコンシューマーを引っ張ってくることは難しい。
ましてやOSの場合は、顧客の要望に応えるためアプリのOS対応を進めるというというステップが入ってきます。
ここは顧客がいないとわざわざ手を出さないという鶏卵的な課題がある。
どう乗り越えるのか、これからに注目です。
IoTで考えるなら、SamusngのTizen OSもありますね。
表立った数字はないですが、世界最大規模の家電メーカーなので、搭載された家電の数は多いと思われる。
スマートウォッチでは、Tizen OSと統合した。
IoT機器でも何らかの形で関わりがあるかもしれない。
SmartThingsの存在が気になる。
ふむふむ
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。