新着Pick
514Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
多くのスポーツ選手がセカンドキャリアを不安視して競技の第1線を早期に離れてしまいますが、ベーシックインカムがあれば将来を気にせずとことん競技に打ち込めるので、スポーツ選手にとっては相性が良いかもしれません。
毎月7万円を国民に配ろうとすると年間に約90兆円。「生活保護をなくしてベーシックインカムで一本化したり、お金持ちから多く税金を取るために相続税を増やしたり、高齢者も医療費の3割負担をお願いしたり。そうやっていけば、実現可能です。」現実可能な気がします。
ベーシックインカム導入の前提は、ひろゆきさんの言う通り、他の再分配制度(年金、福祉、生活保護)の廃止にある。実際に全ての国民に最低限の生活費を配分することで他の制度は廃止できるはず。
そしてより重要なことは、所得の再配分機能を担う国、地方公共団体の事務を根本的に減らすことがセットになるということ。つまり国会議員、地方議員、地方公務員の仕事の再定義(簡単に言うとダウンサイジング)が必要。
人口増加を前提に設計されてきた国、地方の公的サービスのあり方をガラガラポンする良い機会かもしれない(が、自浄作用ははたらかないだろう)。
7万円で一か月暮らせるようなデフレ社会のままでいいんですかね?そもそも7万円で一か月暮らせるところってどこなんですかね?
4人家族なら28万もらえて、単身は7万。4人家族は仕事もあってさらに裕福に、単身はひもじい思いをするだけ。結局格差を拡大するだけでは?稼げない人の制度設計というより、「稼げない人には死を」という制度に思えますがね。
高齢者ではなく若者に予算をふるべきという点は賛成ですが、人口構成的に選挙だと中々厳しいんでしょうね。
オンライン選挙を解禁して、オンラインでしか投票できないようにしたら、まだチャンスもあるかもですが。
ベーシックインカムの実現について、もう一点考えることがあるように思います。

給付金の際に、散々事務作業の遅れがありましたが、
現状の非効率な行政では、資産の再分配のためだけに相当な人的資源が投入されてしまうように思います。

まずは、圧倒的に効率の良い行政を
いろいろな意見が出ているけど、ベーシックインカムを一律7万で国民全員に配るとして、
若者は年金収めてる期間が少ないから都合がいい一方、
既に多額の年金を収め終わった高齢者は、将来還元されると思って払ってきたお金が宙に消える事になるよね?

給付額を多段階化したらシステム管理コストの削減という意義が失われるわけだし。
1人7万円のベーシックインカムだと、夫婦子供2人で28万円か。都内は無理としても、実家や地方ならそこそこの生活ができそう。