新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自社でSNSアカウントを運用していくうえでの効果をどう測るかですが3つあると思っています(YouTubeの視点で書きましたがInstaでも使えると思います)。

1.再生数
再生数で評価する際は、インフルエンサーマーケティングにおけるタイアップ広告との効果の比較になってくるかと思います。短期だと瞬発力があるインフルエンサーマーケの方が良くて、中長期では制作や運用コストもかかるけどある程度ファンがついてくればそれが資産になりペイしていくという考え方です。

もしインフルエンサーマーケティングやられたことがない、または効果がわからない企業はある程度の効果がわかるぐらいの予算でインフルエンサーマーケティングを実施し、自社で運用していったときにどの時点で損益分岐点が出るかなど事業計画を引いてみる必要があると思っています。

2.成果
昨今ではYouTubeで収益化するのではなく、あくまでマーケティングツールとして自社商品の販売につなげていくケースが増えています。モノの販売まで含めたときの成果、費用対効果で効果をはかれるなと思います。

3.市場シェア
最後に市場シェアで考えるやり方もあります。これはその業界の市場規模(利用ユーザー)に対して、自社アカウントのUUで競合アカウントに対してどのぐらいシェアをとっているか、という考え方です。

だんだん記載するのが大変になってきたので今日はここまで!笑
SNS運用者は
1)自社の事を愛してる
2)SNSが好き
3)写真撮るのが好き
4)人の心は何を話したら動くかの勘
が重要かなと思ってます。

配信のタイミングとかターゲットの設定とか戦略はマーケターが考えれば良いのでここは分離してクリエイションを大切に。ただし自分のアカウントじゃなくてビジネスやってる事は頭に入れてくれてるのは大切かな。とは思います。
やっぱりなんといってもコンテンツ、情報の中身が重要なんです。
そこには担当者の思い、知恵、工夫、見せ方、言葉選び、、、ありとあらゆる腕が必要で、そこを元にした拡散性、共感の獲得へとつながるかどうか。認知の質を高めないと忘却率も上がります。でも情報の洪水の中で鮮度も大事。その両立が悩ましいところ。

何を使うか以上にどう使うか。人材とネタに帰着するのも納得ですね。
インスタでよく買い物してるのですが、クリエーティブの運用がとてもうまくやってるところとそうでないところの差が激しいです。優秀な運用人材の確保大事ですね。
目的がざっくり「認知向上」ではつらいですし、メディアの特性の理解とそのための運用がしっかりできる環境がなければ、よいコンテンツにもなりませんし効果も実感できないものです。

そもそも、SNS運用はメディアを一つ動かすようなものですから、緻密な設定のもとに時間をかけて育てていく必要があります。相応のリソース投下も必要で手がかかる。認知率向上に最適なメディアではないですし。

たとえ認知率向上が目的っていっても

何の認知ですか?(商品、ブランド、買い場、企業?)
それぞれどのターゲットで、認知率どれくらいの獲得が目標ですか?
なんでその数字を狙うんですか?
どんな質の認知がいるんですか?名称認知と内容の認知の割合は?
そのことを達成する中でどういう役割をどのメディアが担っているんですか?
その中でSNSのこのアカウントは何をするのですか?
上記がクリアだとしたらKPIは何でしょう?
→このセグメントでxxの認知率がxxポイント伸びることなんです

となって初めて認知率向上が目的だと答えられるはずですが…

どういう目的でそもそもあって、どういう役割を担ってもらうためにやるのかを決め、必要なリソースを投下するという当たり前の運用プロセスの中にSNSが入っていればやるのがいいだけで、みんなやってるからとか気軽に無料で始められるからつい手を出しているケースをよくみますが、それでは意味がない。効果が実感できないのも当たり前だよな〜と思ってしまいますよ…
SNSの効果が見えないというのは多くの担当者が抱えていますよね。売上に直結する指標を見つけづらいのですが、積み上がると効果が出てきたり、きちんと指標を作ると効果は測れます。

InstagramをメインにSNS周りの支援事業をしていますが、運用やインフルエンサーマーケティングでも、どれだけ効果がわかるかを常にわかりやすくすることは心がけています。
やっぱりSNSは企業アカウントだと当事者意識が芽生えづらいのでどうしても運用人材やネタ不足に陥っちゃいますよね。あとは業種にも寄るかと思いますのでそもそもEC向きな事業者であるかどうかは考えつつ、小売だけでなく情報やコミュニティを売るようなサービス設計も必要になってくると思います。そうするとSNSも活かしやすい。いづれにしても顧客とデジタル接点を増やさないとこれからホント厳しいですからね。
「フォロー」+「いいね」でプレゼントキャンペーンばかりやってる印象。企業としてはたかが数万円のコストでフォロワーを大量に買えるので確かに有効に思います。

ただ、その後の投稿で明暗が分かれていそう。製品の特徴をわかりやすく紹介、その製品がある映える暮らしを想像させる、ショップにつなげるだけのカタログ的な投稿などがあるように見えます。

個人的にはインスタらしくその製品やサービスが生活をどう変えるとか、どう映えさせるとかを訴求する投稿に惹かれます。
SNS活用、運用が大変で効果は感じられなくても「やめる」選択肢はないというところでしょうか。ソーシャルコマースで成果を出しているのはアパレル・化粧品などで若年女性が主顧客ですね。

他の方も指摘しているように、目的とそれに沿ったKPIの設定、コンテンツ作りが重要だと思います。
ブランディング(認知・ロイヤリティ)であれば発信する情報は企業ビジョンに近しいものになってきますし、売上であればキャンペーン・販売サイトへの導線設計、コンバージョン率の高いインフルエンサー起用(コストもそれなり)が効いてきます。コンテンツだけでなく、発信頻度や時間帯はSNSマーケに強い専任(若い方でも)のGA分析などなど。
大事なのはコンテンツだと思います。なのでオウンドメディアをスタートして、それをSNS で発信する形態としています。