新着Pick

「社内炭素価格」を取り入れる企業が増えるわけ

東洋経済オンライン
加速する脱炭素化の動きに対応するため、「社内炭素価格」(インターナルカーボンプライシング、ICP)を採り入れる企業が少しずつ増えている。ICPは、ビジネスの過程で排出する二酸化炭素(CO2)を各社が独自基準…
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
管理会計の一種ですね。
クロスボーダーの関連会社間については税務との兼ね合いで移転価格にも影響が出てくるのではと思いますがどなたか詳しい方がいらっしゃればコメントお願いします。
管理会計的な発想。色々な事業を持っている場合は、特にこうやって管理しないと全社目標の設定・執行・進捗管理が難しい側面がある。
ただ、エネルギー・アセットヘビーな事業が過度にペナライズされないようになってほしい…もちろん温暖化ガスを減らしていくことは重要な一方で、社会に必要ゆえにそれを生産している現実もあるわけで。
インターナルカーボンプライシングは、足元の価格というよりも将来の事業計画や投資計画における、事業収益・キャッシュフローの感応度分析に重要な役割を果たすと思います。