新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取材をしていただきました。
むやみに対立構造をつくらないこと。対話すること。考えや、背景に違いはあれど、互いの自由を尊重し、理解しあえると信じて向き合うこと。
時間はかかるけど、その中から見えてくる小さな変化が、気づいたときにコミュニティの質を変えていて、課題だと思っていたことも、実はどうでもいい細部になっている。
20年の間、様々な現場に関わりながら、関わるみんなで学ばせていただいてきました。
丁寧に取材をしていただきました太田さんに感謝です。(が、この記事の写真が自分の顔というのが・・)
こういった対話を通じて、WHYにもっと目が向くだけでも大きな成果ですよね。校則という全国で??な内容が見つかりやすいところに着眼されて実践されているのはさすがカタリバさんですね。

デモクラティックスクールでは、校則を生徒、先生、保護者で一緒に見直すことが民主主義の実践という考えて守られていますが、お互いが信頼しあっているのでできる事ですよね。先生と生徒間の信頼関係の厚い学校が増えてほしいですね。