新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ツーリズムにおける持続性の話は単純な話ではない。
環境も含めたSDGs的な観点もそうだし、収益、はたまた担い手としての人的リソースにも関係する。
産業全体としてのエコシステムを回していくためには、単純に直線的な因果関係で物事を考えるのではなく、ツーリズムに関係する多面的な要素の繋がりを、循環型で捉えなくてはならない。どうすればグルグルと自走するシステムが創れるか、が重要なのだ。
サステナブル・ツーリズムと合わせて、スポーツツーリズムは今後じわじわとくる分野と予測しています。

地方創生と相性が良いかと。
https://www.travelvoice.jp/20210331-148494

スポーツツーリズムは行政も力を入れています。
https://judgit.net/projects/2656

記事内で『「旅行ビジネスに利益をもたらすのは誰か」ではなく、「地元コミュニティに利益をもたらすのは誰か」』とありましたが、ここの概念は非常に大事です。

東京都内の会社が地方創生を手掛ける際、都内の会社が田舎に宿泊施設を立てて人を集めても、ホテルの食費、宿泊費や旅行の企画代など、東京の会社の売上になり、地元にはさほどお金が落ちてきません。

一時的な観光目的の顧客ももちろん大事ですが、理想は外の人が「定住」してくれるようになることです。

地元の観光資源を活用し、定期的に外から地元に訪れ、訪れた際に地元コミュニティーとコミュニケーションと取れる状況を想像すると、「スポーツ」「定期大会」は相性が良い気がします。

▼まとめ
・旅行には「二酸化炭素」という問題がつきものであり、旅のサステナブル化はスタート地点から、車や船、飛行機での移動に伴う二酸化炭素排出という障害にぶち当たっているだけに、イノベーションの可能性を秘めている

国内外問わず、旅行に行きたいですね。
二酸化炭素があるから植物は酸素を供給できる。やはり植林が最も効果があるのではないでしょうか。安上がりで持続可能性も高い。二酸化炭素回収装置は高い。

日本は人口減少が進んでいます。これを機に、自然を元に戻す努力をしましょう。
観光産業には一定の経済波及効果や産業としての幅の広さと影響力があります。GoToトラベルも地域クーポンを使っての地域活性化の観点としては効果的なものだと思ってます。まさに"地元コミュニティに利益をもたらすのは誰か"です。