新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごいスケールですね。もう実感が湧きません。笑

法律を含むビジネス環境が安定している日本は、グローバルPEから見ても比較的高い優先順位にある市場だという話も聞きます。高齢化・人口減の影響をじわじわ感じる日本の中だけで活動しているとなかなかピンとこない話ですが、グローバルに見たら違うのでしょう。

すでに高い実績を誇る多くのPEファンド(本邦系含む)が多額の投資資金を集めています。日本の中堅~大企業への投資機会をどう確保していくのか、PEファンド間の競争も激しいです。
アジアの中の日本になって久しいですので、アジアファンドと言われること自体はファンド運営の立場からして違和感はない。

ただ、アジアで一括りにするほど実体経済のカップリングは少ないのが実態。もう少し戦略的に取り組みが増えてくれば、2017年から6割増のマネーがもっと有効活用されるはず。


マネーの動きに実体経済が追いついてないケースは最近どんどん増えてきている。

真面目な話をすると、大手企業からのカーブアウトとしての受皿としてはこの15年ほどで随分定着してきた。PE事業もまた新たなフェーズに入ってきている。
新興企業にも投資するとの事。スタートアップだと当時フロムスクラッチへの出資は話題になりました。PEのスタートアップ投資のみならず、10年前と比較して日本のVCのファンドサイズも大きくなり、上場株式に投資する機関投資家のプレIPOラウンドでの出資も珍しくは無くなってきています。
アジアは比較的財閥系企業が多く、世代交代などのタイミングで財閥企業による事業売却、子会社売却が今後加速するとの見立てなのかもしれない。経済成長が鈍化していくタイミングはPEファンドにとっては案件が増える絶好の機会でもあるので、一気にアクセルを踏んだ印象。
約3割とすると5000億円ファンド。
新ビジネスがどの程度育つか注目の数字です。
大企業のカーブアウトに力を入れるとのことですが、
既に有力候補があるのでしょうね。

"「資金の3割程度を日本に振り向ける」と述べた。大企業の非中核事業の切り離し(カーブアウト)の受け皿となるほか、新興IT(情報技術)企業への投資も拡大"
KKRとブラックストーンが日本での動きを活発化させています。
日本のKKR、国家公務員共済も負けずにデカイと思います。。。
飲み込まれるのはどこに⁉︎