新着Pick

「罰金はわずか数百円」それでも中国人が信号を守るようになった怖い理由(プレジデントオンライン)

Yahoo!ニュース
中国には至る所に監視カメラがある。AIを駆使した最新のシステムで信号無視すら見逃さない。中国で特派員を務めた毎日新聞記者の赤間清広さんは「最先端の監視カメラで交通マナーは劇的に改善した。しかし、その
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
監視カメラとAIで個人情報を晒して治安維持。民主主義国家とは別の社会システムだ。けど日本も今や監視カメラの情報を当局がつかむことを安全装置として受け入れている。その差はかなり微妙で、地続きと見てよい。テクノロジーを使う限界値はまだローカル問題。