新着Pick

脱炭素達成のカギを握る「寒すぎる家」の大問題

東洋経済オンライン
「脱炭素」が世界の潮流になっている。ようやく日本でも菅義偉内閣が「2050年までの脱炭素」を掲げたとおり、国内でも今後さまざまな分野で大きな変革がやってきそうだ。本当にできるのだろうか。具体的なロードマ…
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の建築業界として、安く大量に低品質な建売住宅を販売して30年経ったら解体するビジネスモデルから脱出する必要がある。ヨーロッパのように高品質な住宅で、築年数を重ねてもリノベして使い続けるのが理想。