新着Pick
464Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽天がポイント制度を改悪すると言っても、楽天経済圏のポイント還元率は、PayPayなどの競合と比較した際に、まだ見劣りする状態にはなっていません。

もちろん競合にとっては、現在の楽天経済圏で生活しているユーザを取り込む機会になるので、攻勢を掛けてくることが予想されます。

楽天一強の状態から選択肢が増えていくことは、消費者の視点からは、歓迎すべき状況になると見ています。
顧客が流出しないのだとしたら、それは楽天市場のポイント制度改変云々よりも、楽天市場以外のサービスで接点が増えて、一人あたりの単価が減っても全体で増加傾向になるって感じでしょうか。

UIUXに関する評価は何年言い続けているんだと思う。
悪い評価だけが正しいなら、楽天市場はとっくに無くなっているんだけど。
楽天市場の流通総額はモバイルが7割超えていて、モバイルサイトやモバイルアプリの使い勝手もポイントになってくる。
モバイルアプリに関して、私は多店舗の商品を上手くまとめて、表示すべきを表示し、比較的分かりやすくまとめてる思いますが、世間一般的、特にNP内では少数派でしょうか。
Amazonって正直どうなんでしょう。デスクトップのレコメンドが多すぎてウザいし、モバイルアプリもあれで使いやすいのかな。どっちでも良い気がしてきた。感覚が麻痺しているのかも。
Netflixはサービスが良く、代替になりうるものがなかった例。
逆に楽天はサービス(よく言われるのがUI/UX)が"いま風"ではなく、ポイント還元率を見て選んでいる顧客が多い印象です。
そのため、選定軸であるポイント還元率が悪くなればスイッチングする人が増えるのではないでしょうか。
楽天ポイント経済圏にあってPayPayポイント経済圏(ヤフー)にないものが見当たらない気もするので、スイッチングコストについてはそれほど高くない気がします。実際に、ポイントで言えば、PayPayのほうがポイントを貯めやすい環境もできつつあると思います。
楽天経済圏は、かなり堅固です。
AmazonやYahoo!との違いは、中核サービスとしてしっかりした金融サービスがあることです。
Yahoo!も、金融サービスは提供していますが、楽天経済圏と違って、中核に据えるには楽天より見劣りします。
やはり、早い段階でネット銀行を立ち上げて、楽天市場では、出店者にもユーザーにも、痒い所に手が届く金融サービスをもれなく提供したことのアドバンテージは大きいと思います。

個人的には、楽天経済圏のポイントサービスは、楽天金融サービスが金融サービスとしては一つ一つは競合に見劣りする分、ポイントで下駄を履かせていたと理解しています。
時間が経ち、楽天銀行のサービスもレベルアップしましたし、今更ポイントサービスを改悪したとしても、簡単に離脱するユーザーは極めて限られていると思います。
私は、ソフバンのPayPay経済圏の方が圧倒的にポイントアップしやすいので、楽天経済圏に行きませんでした。高額商品をAmazonで購入することはほぼ無くなりました。送料の兼ね合いで、たまに使いますが。
楽天はすでに買い物だけでなくモバイル、カード、旅行、証券、保険など包括的に顧客を取り込んでいるので楽天の経済圏で生活している人からすると生活インフラになっているのでポイント還元率が下がったぐらいで離れられないでしょう。

paypayの100億円キャンペーン後もユーザー数が激減するといわれてましたが、順調に増え続けているように一度習慣になったものから抜け出れる人間は多くはない。

楽天モバイルをフックにしているので還元率を下げる選択肢も取れたと予想してます。
インフルエンサーがいつヤフーLINE経済圏の方がいいと言い始めるか注目してます。最近の楽天の好調はこういたネットインフルエンサーの影響も大きい。

携帯はまだ持っててもいいかと思っていますが、正直、SPUの無くなったの電気ガスは6月で他社に変えようと考えています。
Yahoo!ショッピング経由のふるさと納税など、Yahoo!サービスの方がおトクなケースもしばしばあると思いますが、楽天経済圏=おトクのイメージは強固ですね。ちょっとずつでもできること頑張ろう。
ヤフーショッピングならSALE期間20%くらい還元貰えたりするので、楽天の数%の還元とは比較になりませんよ。
スイッチングしましょう。

業績