新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その通りです。

たとえば、左右違う色のソックスを履いて、出かけてしまったら、本人は一日中それが気になってしまう。

指摘されたら、なんて言い訳しようって、余計なことまで考える。しかし、誰にも気づかれなかった。そんなことありますよね。

みんな想像以上に気にしていないというか、見えていないんですよ。人の目を気にしすぎないで、楽しいことを考えましょう。
気の毒な法律相談を受けていて、
「恥ずかしくて外にも出られない」
と嘆いていた相談者たちに、
「大丈夫ですよ。ほとんどの人たちは自分のことで手一杯で、他人のことにいちいち構っていられませんから」
と言って慰めた経験が何度かあります。

ただ、暇な高齢者たちは、他人の噂をしては楽しんでいます。

もしかしたら、暇な人たちは案外他人のことを観察しているかもしれませんよ(笑)
前職時代、取材で初めて訪れた会社さんなのに、なぜか訪問者から場所を聞かれるなどその社の人と思われて尋ねられる経験を何度かしたことが(女性ということもあるかと思いますが)あと、立ち禁エリアに間違って入ってるのになぜかなかの人と間違えられたり。多分どこに行っても堂々としていることが原因なのかなと思います。
自分が実際よりも過剰に周囲から注目を集めていると感じる傾向のことを「自己標的バイアス」といわれます。

人は無意識に、自分のことを特別な存在と考えがですが、周囲はそれほど気にしていないのが実情。

それなのに、他人の目を気にしてばかりで生きていくのは、もったいないことですね。
気にするなと言われれば言われるほど、人は気になるものでもあります