新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
> 先週には風力発電タービンの半分が凍結し、全電力に占める風力発電の比率が通常の42%から8%に低下した。

> 卸売市場の電力価格は急上昇し、12日には電力網の監督当局が輪番停電の実施を警告した。

> 天然ガスや石炭を燃料とする発電所は、風力による供給不足を埋め合わせるため稼働率を上げたが、電力需要の急増に対応することはできなかった。

> 多くの家庭がガス暖房の利用度を高めたにもかかわらず、電力不足は解消されなかった。 その後、一部のガス井とガス・パイプラインが凍結した。

この記事だけを読むと風力発電タービンの凍結が主要因の様に読めてしまいますが、どうなんでしょうね。

> ロナルド・レーガン元大統領がかつて皮肉ったように、一時的な政府プログラムほど長く続くものはない。

ガソリン税やエコポイントとかもね。

> 風力発電に大きく賭けたエンロンのケン・レイ元最高経営責任者(CEO)は1998年、税控除の5年間延長を議会に働きかけるよう、当時テキサス州知事だったジョージ・W・ブッシュ(子)氏に嘆願

こんな所にもケン・レイが。


> リック・ペリー前州知事を説得した。これにより、業者はより多くの風力タービンを建設できることになり

トランプ政権の最初のエネルギー省長官

> 連邦エネルギー規制委員会(FERC)は、電力網の信頼性を確保するための存在であるはずだが、オバマ政権の下で同委員会は、信頼性よりも再生可能エネルギー政策を推進した。ドナルド・トランプ氏が指名した人々は、再生可能エネルギーに関する州政府の補助や電力網を危機にさらした義務的措置によって生じた市場のひずみを修正しようと努めたが、民主党はこうした動きに反対した。

日本でも似たようなことが、、、
脱原発 + 電力自由化 = 停電