新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
様々な実証実験進みますが、このような複数事業社が参加するタイプでロボット稼働率を高い状況で維持させた場合、実際のコスト感がマンパワー配達と比べてどうなってくるか楽しみです。
低速で小型なら、安全性は問題ないですね。
使用するエネルギーがどれほどかということが問題になりますが、自動でお客まで届くというのは非常に重要なことだと思います。

将来、途中まで自動運転のトラックが運び、ラスト1マイルでこうしたロボットが活躍するという世界が来るかもしれません。
フードデリバリーの配達員が不足している地域や時間帯でうまく活用できそうですね。

ただし、あまり距離があると料理が冷めたり、氷が溶けたり影響が出そうなので運ぶものや距離が限定されそうです。