新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サムスンの時価総額が時価総額52兆円でトヨタ自動車の2倍超。中国がサムスンの技術を放置しておくはずがない。朴槿恵政権時代から中韓関係は改善の一途をたどってきたし、その傾向は加速する。なぜなら(1)習近平政権の対韓・微笑外交が活発になっている。(2)教育・文化交流分野にみられるように韓国社会の根底には中国を礼賛する体質がある。それに貿易額を考えると韓国は中国を最重要視するほかない。(3)韓国の政権は人気浮揚策として、いびつなほど反日感情をあおる。必要以上に米国に対して韓国の自尊心を強調する。そして中国に接近して「保険」をかける。
1月26日の習近平国家主席と文在寅大統領の電話首脳会談の中身を読むと、文在寅大統領は「中韓関係緊密化に死角なし」と楽観していることがわかる。文在寅大統領は習近平国家主席に「中国共産党成立100周年を心から祝う。中国の国際的地位と影響力は日々強くなっている。中国は2049年の中華人民共和国100年の目標実現に向かって重要な一歩を踏み出した」と語りかけた。バイデン大統領に対する文在寅大統領の挨拶の「名刺」がこの中韓電話首脳会談だった。これにはバイデン大統領は驚いただろう。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績