新着Pick
258Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
乗り換えたい料金プランであれば、通信品質やカバー率の良さで知られているドコモを希望する方が多いでしょう。しかし、実際に乗り換えるかというと、それはまた違う話になります。各社とも横並びと言われる対抗プランを用意したため、移行のハードルを越えてまで行う人は限定されます。つまり「MNPは面倒だから同じキャリアの安い料金プランに変えよう」となります。これまでもMNPをするのは全契約者の1%くらいで、それ以外はタブレットや2台目用に格安データSIMを追加する感じでした。
どう考えても、楽天のプランが1番お得です。それでも現時点で200万回線なので、日本人の行動心理は難しいなと思います。
 
MNOを利用されている消費者は、それぞれのキャリアが提供されている新プランへ移行するのがベターですね。
楽天モバイルの新プラン(1GBまで0円、20GBで1980円)の発表が1月29日だったので、それ以降どう意識が変わっているかも気になる所です。

東京、大阪など大都市の若者には結構刺さるのでは?と思います。

しかし、通信品質が良くて、「安い」というイメージ付けをできたドコモのahamoは大成功のマーケティングでした。
料金が同じであれば、品質の観点でドコモが1位になるのは納得。

個人的には以下がベストかな

・メイン
 ・ドコモ(アハモ) 20GBまで 2980円 通話5分まで
・サブ
 ・楽天 段階料金で1GBまでなら無料 専用アプリで通話無制限

メインで使いつつ、容量枯れそうな時は楽天
仕事の電話でプライベート教えたくない時は楽天の番号
乗り換えたいかどうかと聞けば、乗り換えたいだろうが。

今までMVNOに乗り換えなかった三大キャリアユーザーが、実際に乗り換える数はそこまで多くないと思われる。

乗り換える方の多くは、現在MVNOを利用してる方々だろう。
単純にキャリアそのままで乗り換えとなりそうなので、シェア順でドコモが1位となるのは当然です。あまり意味のない調査結果です。シェアの順番に結果が出ただけです。
> 理由は、価格はもとより「電波がつながりやすいキャリアだから」

電波のつながりやすさが何を意図するか(例えばあけおめLINEとか)によりますが、実際3大キャリアに差はないのが直近のレポートです。日本人特有の保守的思い込みは20年経っても解消されていないのが残念。。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/amp/2004/17/news141.html

※iPhone3G当時のソフトバンクが繋がらなかったは否定しません笑
1番最初に低価格を打ち出したdocomoが露出も大きかったですし、インパクトに残りましたよね。
通信品質の安定感があるイメージですしね。
とりあえず、楽天は遊びのサブ回線で継続。
メインをどれにしよう。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英語: KDDI CORPORATION)は、東京都千代田区飯田橋に本社を置く、日本の電気通信事業者。ブランドスローガンは「Tomorrow, Together」(2019年5月15日 - )。 ウィキペディア
時価総額
8.47 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
10.7 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大手の移動体通信事業者(MNO)である。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績

株式会社オールコネクト(英文社名:ALL CONNECT Ltd.)は福井県に本社をおき、「社会をにぎやかに!」を企業理念に、通信回線やスマートフォンなどの通信インフラサービスを取り扱う。 ウィキペディア