• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

国連、ミャンマー情勢で安保理会合へ ロヒンギャへの影響懸念

時事ドットコム
26
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    拓殖大学大学院 客員教授

    国連安保理でミャンマー情勢を討議する。この会合が中国が公開での討議に反対して非公開で行うことになった。ミャンマー軍は中国との良好な関係を保ってきている。バイデン大統領が「民主化移行と法の支配への直接攻撃だ。米政府は民主化進展に伴い対ミャンマー制裁を解除してきたが、制裁に関する見直しを直ちに行う」と述べた。ただ制裁を復活させるとミャンマーは一層、中国に傾斜してゆく。これらからミャンマー問題の背景には国際政治の冷酷な現実があることがわかる。バイデン制限は、民主主義と人権問題重視の政策と対中国政策の2つを同時に追求することの難しさに直面している。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか