新着Pick
315Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人住宅のソーラーパネルの将来的な可能性は、大手電力会社を通さずに個人で他者や企業に電力を売れるようになることだと思います。そうすれば余った部屋を民泊で貸すように、自家発電している人はサイドビジネスが可能になり、モチベーションが変わり、一気に普及する気がします。

建築家としては通常のソーラーパネルの見た目は気になりますが、例えばテスラの出しているSolar Roofは人の目線レベルでは、通常の屋根と変わらない外見になるよう工夫されています。
Quartzの英語版の特集「Finding happiness at home(https://qz.com/guide/finding-happiness-at-home/)」から、クリーンエネルギーへの転換を急速に推し進める米政府が2021年に最も早いスピードで成長する電力源と見据える太陽光発電について、米国の現状をレポートします。

本記事のように、家庭用太陽光発電システムの導入コストは、この20年で8万ドルから約2万ドルまで下がったものの、Tim McDonnell記者は、訪問営業などによるマーケティング費用がまだまだ高く、イーロン・マスクの「Solar City」も当初はこのコストの削減に追われたと別記事で指摘しています。(https://qz.com/1960513/

この特集では他にも、科学的視点から見た「住み心地の良い家」について(https://qz.com/1959344/)や、パンデミックによる自宅生活で大ブームとなったガーデニング(https://qz.com/1959477/)のほか、DIYを通じてデザインプロトタイピングにアプローチする香港のMarisa Yiuの取り組み(https://qz.com/1955267)、またスマートスピーカーの最前線(https://qz.com/1961109/)まで、様々な視点からより良い生活空間に迫ります。

スマートスピーカーの最前線については、今週木曜日のQuartz Japanの夕方のニュースレターでも、日本語でお届けする予定です。

Quartz Japanでは、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。もちろん、この特集を含むQuartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/
日本の住宅用ソーラーと諸外国との比較のわかりやすい記事が欲しい。日本の住宅用ソーラー20年で元が取れるというぐらいだったけれど、政府による補助や買取の値段が変動する等、不確定要素が多すぎて踏み切れない。2050年までにすべての車を電気自動車にするなら、それを蓄電池にできるので、システムとしての住宅用ソーラーの計画を同時に発表すればいいのに、実際には買取価格の値下げの報道しか出てこない。なんかちぐはぐ。
今一番の興味は「家庭用太陽光発電」です。カーボンニュートラルを世界中の政府や大企業がビジョンに掲げており、具体的な目標値を設定しています。最も炭素を出しているのが、火力発電やガス発電なので、そこを置き換えるクリーンエネルギーは今後技術革新が進み、逆に火力発電やガス発電の電気代はどんどん増加すると思う。テスラは見た目がソーラーパネルっぽくない商品を売るなどデザイン面でも技術革新があり、非常に面白い領域だと思う。これまでの政府補助金をあてにしたソーラー投資から、中長期でみた電力コスト削減や世界的なビジョンへの貢献という意味でこの分野は変わってくる。
大量生産しても、思うほどコストが下がらない理由が何かあるのでしょうか?

それとも、まだまだ大量生産とは言えないくらいのボリュームしかないのでしょうか?

いずれにしても、この部分の技術確信が起これば、世の中の前提が変わる完全なゲームチェンジ技術ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
初期投資が安くなっているので、毎月の電気代を節約できると考えたら早いうちに導入するほうがお得ですね。環境にも優しく広く普及されてほしいと思います。
今後さらに初期費用が安くなることを期待します。
自然エネルギーで全てまかなって、オフグリットな生活をしたい人が増えてるので、コストが下がることも重要だし、太陽光以外も組み合わせたパッケージできる人も必要になってくる
太陽光ー蓄電池のバランス
設置場所と合わせて、もう少し柔軟になって欲しい、、です。