新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の公船である海警船が日本の領海侵入することが常態化しているとき、中国が海警法を2月1日に施行する。いま抗議しなければいつ抗議するのだろうか?
バイデン政権になっても、アメリカの中国に対する態度は、やはり厳しい。とりわけ、通商面では、以前より強硬にさえなっているという印象だ。
海警が中央軍事委傘下に移行されたのが2018年、ここで、純粋な法執行機関ではなく、軍の指揮下にある機関となった。そして、2020年の尖閣諸島接続水域への侵入は330日を超え、我が方漁船を追尾するなど行動が格段に悪質化。2021年2月1日から武器使用を明記した海警法改正。サラミ戦術というよりもはやステージが数段回一方的にエスカレートされた状況だ。実力で尖閣諸島を守り抜く体制を我が方は一層強化しなければならない。