新着Pick

中国の短編動画アプリ快手、香港で5600億円規模IPO目指す

Bloomberg
中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)と短編動画アプリで競合する快手科技は、香港で最大54億米ドル(約5600億円)規模の新規株式公開(IPO)を目指している。実現すれば、世界のインターネット関連IPOでは米ウーバー・テクノロジーズ以来の大きさとなる。
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では殆ど無名だが、2大ショートムービーアプリ
として抖音(Tiktok中国)と並ぶ快手(Kuaishou)

ライブコマースでは寧ろ快手に軍配が上がる(!)とも
・’20年ライブコマースGMV(見込):
 快手4兆円(2,500億元) > 抖音3.2兆円(2,000億元)

素人目に見て分からなかったが(汗)実は両者は似て
非なる生き物らしい...
・快手: ソーシャルによる「脱・中心化」ポリシー
 -知り合いや長年のファンとの関係等の繋がりに基づく
  プライベートトラフィック中心
 → 投げ銭の延長としてのライブコマースに適する
・抖音: アルゴリズムによる「中心化」ポリシー
 -運営者のリコメンデーションに基づくパブリック
  トラフィック中心
 → 広告モデルに適する

快手コミュニティは"老铁经济"(兄弟のような昔からの
仲間のエコシステム)と言われており、粘着性の高さが
売りになっているのだそう

いずれにしろ、ライブコマースの勃興を背景としての
高評価なのではないかと
(うーむ、なかなかついていけない)
快手(クアイショウ)が、この規模で本当にIPOできるのか、IPO後も価格を維持できるのかの今後に注目。海外でのIPOの場合は、会社側からの取り下げも含めて、日本の上場承認というステータスよりも緩いことが多いのまだわかならい。
ショートムービー関連企業の騎手だったが、その後TikTokの台頭で結構苦しんだはず。
今後の情報開示は要チェックですね。
短編動画からライブ配信、ライブコマースと積極的な新規挑戦が成果が出てる。中国はこの規模の会社が次々と出てきてるのが凄いと思う


中国の動画アプリ快手が500億ドルのバリューで54億ドル規模のIPOを準備中。DAUは3億200万人、MAU は7億7600万人。20年上半期の売上高が前年同期比48.3%増の4000億円。同時に、調整後の損益は1000億円の赤字

分かりやすい分析記事
https://36kr.jp/112769/
快手ですね。コロナ発生頃に中国におり、結構周りの若者が快手を見ていたので僕も見ていました。
日本で活躍する中国人ライバーもいます。
tiktokが国民的アプリ、快手は地方にファンの多いアプリってイメージですかね。

tiktokという超強力なライバルだけでなく、wechatなんかも短編動画、ライブに力を入れてきているので、どのように差別化していくのか注目しています。