新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに日本からも核融合関連のスタートアップが。
ウェブサイトを拝見したが、彼らの強みは核融合を行う設備で必要不可欠となる装置の設計のようだ。確かに、いま世界のあちこちで核融合の技術開発が行われているので、それらの企業がこのフュージョニアリング社の顧客となる可能性があるということだろう。核融合施設で必須の装置を抑えられれば、施設の運用開始後にその装置を変えることは考えにくいので数10年にわたってのビジネスが約束される。大化けする可能性のある会社だ。
Coral Capitalとして、核融合スタートアップの京都フュージョニアリングに投資させていただきました。
こうしたDeeptechと呼ばれる領域は、普通のITサービスへの投資より変数が多く、時間軸も異なるため、VCとしては投資が難しいことも多いです。そんな中でも、事業の組み立て方によっては、スタートアップの方法論を活用して、まさにこうしたイノベーションの実現を加速できると考えています。
京都大学の小西哲之先生が創業された、日本初の核融合ベンチャーです。
核融合ベンチャーは既に欧米で数多く立ち上がっていますが、いずれも大規模投資家に著名なIT長者が名を連ねています。
その一方で、この京都フュージョニアリング社はVCから投資を受けています。
浅学ながら私の知る範囲では、京都フュージョニアリング社はVCから出資を受けた世界初の核融合ベンチャーなのではないでしょうか。

VCはやはり会社組織ですので、利益を上げねばなりません。
そのため、比較的短期的利益を追求するVCと核融合ベンチャーは、水が合わないと思っておりました。
それにもかかわらず、核融合ベンチャーへの出資というファーストペンギンになっていただいたコーラル・キャピタル社には、核融合研究者の端くれとして拍手を送りたいです。

現在、南フランスで国際協力でITERの組み立てが進んでおりますが、日本側の窓口は量子科学技術研究開発機構(QST)です。
私も昨年までQSTの人だったので事情は知っていますが、こうした調達活動の泥臭い部分、つまりあまり学術論文になりにくい部分は、下請けに外注します。
目下のところ、京都フュージョニアリングはこうした下請け仕事で利益を上げていくんでしょうね。

追記
コーラル・キャピタル社の社名が間違っておりましたので、修正しました。
コーラル・キャピタル社の皆様には、大変失礼いたしました。
いよいよ日本でも核融合が「研究開発」から「産業」へと移行する時代になってきた一つの証拠ですね。

昨年のITER組立開始からの良いトレンドがこのまま続く事を願っています。
核融合の技術は抑えておかないと。追って確認します。