新着Pick

5G、持ち出し情報は170点か 転職直前の1カ月で30回

共同通信
5G情報、複数回持ち出しか 高速大容量規格「5G」の営業秘密持ち出し事件で、不正競争防止法違反容疑で逮捕された楽天モバイル社員合...
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メールで自分の個人アカウント宛に送っていたとの報道もあるように、(言い方は良くないが)犯罪としては抜けが多い。本当に完全犯罪を目指すなら、こんな簡単に足がつくような方法はとらない。

米国のテクノロジー企業ならば、社員が競合企業に転職するとわかった時点でオフィスから締め出し、私物は後から段ボールで送りつけるほどのことをすることもある。そもそもこのような行為を行なってバレた場合のリスクが半端ないことを知ってるので普通の社員はしない。

この件で日本企業は情報セキュリティ強化に走るかもしれない。Gmailなどのメールサービスへの転送禁止とか、社外にメールするときは上司や情シスをCCにいれることとか、クラウドストレージへのアクセス禁止とか。そういう抜け道だらけの強化をしても犯罪者には無意味で、日本企業の生産性を下げるだけなので、対策をとるならばちゃんと実のある対策をとるようにして欲しい。
合場容疑者は、ソフトバンクでは「伝送エンジニア」として基地局の整備などを担当していたということです。取材によると、持ち出したファイルの中には「伝送路の設計」に関する情報も含まれていたということです。別の情報源への取材でも、5G本体に関する「技術情報」ではなさそうだとのことです。
海外の企業と、日本の企業のセキュリティ対策の差を実感します。

日本の企業は、いろいろなツールや仕組みで「完璧なセキュリティ対策」の実現を目指しています。

しかし、及川さんもコメントされているように、実は、それらは悪意をもって犯罪する人たちには、ほとんど無意味で、大半の真面目な社員が不利益を被っているだけになってしまいがちです。

セキュリティは、システムやツール、仕組みでの完璧な対応は現実的には不可能です。

では、海外の企業はどうしているのか?彼らは「最低限のツールと社員個人との契約」でセキュリティを守っています。

最低限のツールは、一般の真面目な社員が不便にならない範囲、例えばUSBメモリへの書き出しは許可するなど。

契約は「犯罪などを犯した場合に、それに関連する損失はすべて社員個人に賠償責任があり損害賠償を請求する」といった内容のものです。

今回の件でも、そういった契約があれば、抑止効果があったかもしれませんね。(そういった仕組みがあったか否かは存じ上げません)

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
すでに逮捕されている楽天モバイルの社員がソフトバンクの情報を退社する直前の2019年12月ごろ、複数回にわたり技術情報を持ち出した疑いがあるとのこと。計画的に持ち出したのだろうか。楽天モバイルの関与が焦点になってくると思います。
これなんで気がついたんだろう...?
「ネットワーク構築業務に従事していた元社員が、退職申告から退職までの期間に、第4世代(4G)と5Gのネットワーク用基地局設備、基地局同士や基地局と交換機を結ぶ固定通信網に関して、営業秘密に該当する技術情報を不正に持ち出していたと20年2月に判明し、ソフトバンクは警視庁へ被害を申告して捜査に協力してきた」
ソフトバンク、楽天モバイルによる営業秘密の利用停止求め提訴(Reuters、/01/12)
https://newspicks.com/news/5529594
上司が部下のメール全部確認するとか、そりゃ生産性上がらないわ

業績