• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

トランプ氏弾劾案を提出=米民主、「反乱扇動」の責任追及―13日にも採決

319
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    上智大学 総合グローバル学部教授(現代アメリカ政治外交)

    下院で通っても、現時点では上院の三分の二は難しいのですが、20日を超えても弾劾裁判が可能かどうかが争点。時間をかけて共和党側から切り崩しができるかどうか。就任式までに再び暴徒の動きが激しくなるかどうかも影響。20日以降が可能とみられた場合、「再選阻止」がポイント。その際の焦点となるのが共和党支持者のトランプ氏への支持動向がどう変わっていくのか。共和党議員にとっては、トランプ氏を裏切っても「痛くない」のか、あるいは「むしろ、選挙には得」となるのかどうか。まだ動いていきます。

    20日以降の審議(弾劾裁判審理)についての法的な議論は下記参照。
    https://www.nbcnews.com/politics/donald-trump/can-trump-be-tried-senate-impeachment-charges-even-after-he-n1253544


  • badge
    東京大学 公共政策大学院教授

    実質的な意味はほとんどないが、歴史上はじめて二度の弾劾を受けた大統領であり、議会は議事堂占拠事件の責任はトランプにあるということを示した、ということを明らかにするための象徴的な行為。政治とは象徴を奪い合うゲーム。


  • ジャパン・ソサエティー(米国・NY) 理事長

    トランプ大統領の弾劾をめぐる動きは、バイデン氏の大統領就任後の100日を含め、今後数か月間にわたって米国に大きな影響を及ぼすことになるだろう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか