• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【独自】Netflixが本気を出す2021年・日本市場攻略──実写&アニメ強化の狙いを日本幹部が明かす

144
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • みずほFG 執行役、東京大学(駒場) 運営諮問会議委員、日本学術振興会 男女共同参画推進アドバイザー

    10/28のWeekly Ochiai「鬼滅の刃に見る日本アニメのポテンシャル」にも櫻井さんは出演されています。こちらの記事に絡むお話をされていますので、併せてチェックすることをお勧めします。

    櫻井さんは攻殻機動隊(テレビアニメのみならず、劇場版のイノセンスを含め)、精霊の守り人、Appleseed XIII、劇場版ヱヴァンゲリヲンなど、いずれも私の好きな作品に関わっていらっしゃいました。制作の現場をよくご存じの櫻井さんの言葉は、重みがあると感じます。


  • aspark コンポーザー

    Netflixは今後も強いだろーな、と感じる。一貫性があるから信頼したくなってまう。ただまだどうしても観たい映像コンテンツがないんだよな〜。今後の展開次第で課金するかも、、


  • Microsoft Singapore アジア太平洋地区本部長

    数字はあまり気にせず、純粋に良い作品をどうすれば見やすい形で楽しんでもらえるのか。Netflixはそれを全員が集中して考えているので、数字的なノルマを達成すること以上に、引き続き良い作品づくりに集中していくつもりです。

    >>予算もあるんだと思うますが、この自由で柔軟な雰囲気が、Netflixの魅力だと思います。会社組織にはこのようなオープンな組織・文化が必要。
    家族でNetflix大ファンですし、今後の日本初のアジア・世界での躍進を心から願っています!STAY GOLD!!


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか