新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オフィス面積の縮小の効果もあると思いますが恒常的にリモートワークできる可能性があることは従業員にとってもメリットがあると思いますのでWINーWINだと思います。後は運用次第ですが従業員が選択できるのがベストだと思います。割合については、正解はないので25%で始めて必要に応じて見直せば良いと思います。
あるメガバンクの方にお聞きすると「出勤は強要はされていないが、暗にテレワークを牽制している」というのが実態のようです。この記事は、現状なかなかテレワークが進まず、結果として労働生産性の改善の遅れや銀行自体がクラスター源になるリスクの回避が遅れることへのトップの危機意識の表れだと感じます。
固定費削減のきっかけにしたいのだと思います。特に本部は、従来から仕事のための仕事をしているような感じだし、これは正しい方向。
大きな組織の人間の意識/行動を変える難しさを多々経験してきた身からすると、25%でも最初のマイルストーンとしては十分なゴールだと思う。達成して振り返りをしてから徐々にやり方を工夫しつつ増やすなど調整すれば良い。欲を言うと、こういう意思決定の時に各勤務地の従業員属性や、職種内容・職務等級別にリモートシフトしても影響が少ないかどうかのデータを保有/活用していると、最初の25%の当たりどころが明確になり、施策としても成功確率を上げると思います。
75%は出社しなさいということ。銀行が変わるのは難しいですねぇ
他の企業にも広がっていくのではないでしょうか。長期的な見通しを反映した意思決定ですから。
さすが
低いですねテレワーク率
みずほに限らず銀行の支店統廃合が急速に進んでいる。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.01 兆円

業績