新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国にとっては、どうせ税金で国民に払わさせるお金なので、50%でも100%でもどうでもいいことですね。この関係は、東電が原発事故の処理費用を電気料金に上乗せしているのと全く同じ構造です。
もっと前に方針が決定できていれば発生しなかった不要コストですね。これも税金や国債が使われているかと思うと何とも。
というか、国の借金が異次元なレベルでなされていますので、これ普通に考えてプライマリーバランスどうなってるんでしょうか。。。
予約させてキャンセルさせて税金で負担するという、効率の悪い行為。
実態が見えない間にどんどん若者や次世代への負担が大きくなっていき、気付いたときにはもうどうしようもなくなっているのでは。
これなら本当に働いたら負け、の時代になってしまう。
旅行業者は基本的には窓口に過ぎず、その先の航空券や宿泊などのキャンセルに伴う補償額はどういうメカニズムで決まるのか興味深い。

全員痛み分けの中にも多少の不公平感があり、交渉力がないプレーヤーはより負担が大きいとか起こるのでしょう。。

特にサプライチェーンの下流はそうなるのでは、と危惧。
しかし、国がそこまで細かい指示を出すことはない。
難しいね。
うーん、お正月に田舎にお墓参りに行く訳にもいかないので、のんびりと一人でお正月となりそう。
→おせち料理は既に注文済み

でも一人でのんびり過ごすならば、都内周辺の温泉付きホテルに泊まっても同じではないか?と思うのですが…

ならば、1泊くらいどこかに泊まろうかな。
少しは安くなるでしょう。
キャンセルタイミングが直前ならキャンセルポリシーを適用させて予約者にキャンセル料を負担させる必要があると思いますが、キャンセルされてもその後に埋まればキャンセル補償は不要と考えます。

厳しいご時世なのでもらえるものはもらいたいというのが旅行業者に本音だと思いますが、税金を投入するのならそのあたりは精査する必要があるのでは。
場合によっては昨年並みの売り上げでもキャンセル補償でプラスになってしまいます。
かなり手厚いと思いますが…
前経済と感染拡大防止のバランスを取るのは前例もない至難の業。とても政府のGoTo関連の意思決定を批判する気にはなれない
来年以降どれだけ増税されるのか、本当に恐ろしい。
新規予約+既存キャンセル=150%

問題は1月11日の再開できるのか?ということ