新着Pick
1366Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アウトドアファッションは本当に玉石混交。フェスに行くとノースフェイス、パタゴニア 、モンベル、チャムス等それぞれを着ている人でかなりキャラが違うことに気づきます。ノースフェイスは機能性とストリートなデザイン性をとことん追求してるイメージで、多くの若者に支持されています。技術開発やデザイン開発、直営店戦略などコアを大事にしながらしっかりと新しいことにチャレンジしている好例ではないでしょうか。ゴールドウィンさんがやっているのをかなり前から知っているので、私の中では(日本においては)アメリカブランドというイメージもなくなりました。
70年代の西海岸のカウンターカルチャー、自然との共存、がブランドイメージとして強かったThe North Face が、今、場所的にも、時代的にも、「中心」近くで輝いて見える。その背景を解説してくれる、よいインタビュー記事です。

90%が日本オリジナルであること、現在ビジネスマンの定番になっている四角いバックパックの元祖であること、「コア&モア」戦略、FUTURAとのコラボでストリート+ファッションの要素が加わっていったこと、コムデギャルソンともコラボしていたことなど、初めて知ることも多かった。

ムーン・パーカを作る一方で東山文化に次へのヒントを見る姿勢などに、次世代もリードしうる頼もしさを感じました。
最新のTNFプロモーション動画 → https://www.instagram.com/p/CG8mKMwgCcp

自宅の本棚に置いてあったゴールドウインの本がおもしろく、読みふけったことがありました。

「よそより一番高い靴下です。でも履いてみたら一番安い靴下です。」これが当時の宣伝文句だった。(「俺がやらねば誰がやる」西田東作、ゴールドウインの精神)

ゴールドウインは終戦直後にメリヤス製造所として創業、全米選手権における古橋廣之進氏の世界新記録樹立に感銘を受けた創業者・西田東作氏が、平和がおとずれた日本にはスポーツの時代がやってくると直感、スポーツウェア専業メーカーへと転身したそうです。

当初のヒット商品は登山ソックス。国産品はだめだった時代に素材づくりにまで遡り、イギリス産の原糸で作りぬいた品質のよさが評判になったとか。冒頭の一文はそのころのエピソード。

よい会社の本質は「よいものを高く売る」。ひるがえり、投資の本質は「よい会社を安く買う」。そういう会社の株を安く買うことがすばらしい投資になるということです。最近、日本企業の労働生産性がふたたび注目されていますが、生産性とは労働1時間あたりのEBITDA+人件費です。つまり生産性アップとは、本質的には、手間をかけ、それ以上の価格で売ることになるわけですね。
アウトドアから日常的な街着まで使える商品を扱っているノースフェイス。日本で、このブランドを展開しているゴールドウィンは、ここ数年飛躍的に成長している銘柄です。
コロナの自粛による売上減はあったものの売上は戻ってきていると言います。
アパレル不況が言われるようになって久しい中、どうして需要があるのか。

今年4月にゴールドウィンの社長に就任し、日本のザ ・ノース・フェイスの父ともいえる渡辺貴生氏に話を聞きました。
久しぶりに表参道に行ったら、Northfaceのお店が4店舗並んでいて、その人気ぶりにビックリしました‼️
ビジネス、タウン用から本格登山用まで幅広いラインナップ、機能性とデザイン性を兼ね備えているので、人気なのはよく分かります。
本家より日本で成長するブランドの代表格はセブンイレブンというイメージですが、The North Face もそうだったのですね。コロナ禍で、アウトドア産業は厳しくてもリモートワークや他拠点生活でアウトドアウェアは売れるというのは確かに納得します。

日本独自の素材で逆発信を世界にされていく挑戦は、今後が楽しみですね!
個人的にはGoldwinというとスキーというイメージでしたが、North Face で学ばれたことを新ブランドに生かしていかれるんだなぁというのが良くわかりました。
コロナの影響で
-スポーツウェアで仕事するようになった
-キャンプなどの需要が増えた
全部追い風ですね。

postコロナもこの流れが続くと思うので次のイノベーション楽しみです。
大学生のときにノースフェイスがすごくカッコよく見えて、よく着ていたのを思い出しました。今ではこんなことになっていたのですね!ちょっと感動。ゴールドウィンのこれからも楽しみ♪

アスレジャーの世界も魅力的なブランドが多くて盛り上がっていますが、私はアメリカよりヨーロッパが好きなので、スウェーデンのホグロフスを贔屓にしています。
いいブランドには強い思い入れと情熱が宿っている。そう感じました。
素材開発に力を入れているところが素晴らしい。アウトドアって機能性とファッション性の掛け合わせなので圧倒的な機能性を手に入れるには素材から開発していく必要があるのでしょう。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
株式会社ゴールドウインは、スポーツウェア、スポーツ用品の製造販売を行う会社。 ウィキペディア
時価総額
3,307 億円

業績