• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

バイデン氏、今すぐ国民に支援を 米議会に追加経済対策合意を要請

共同通信
103
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 辛坊 正記
    badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    トランプ政権と共和党が合意して出した1兆ドルの追加経済対策を3兆ドルに拘って蹴飛ばし、失業給付などの対策が立て続けに失効することに痺れを切らしたトランプ大統領が大統領権限で追加策を発動したのは夏の盛りの頃でした。民主党は越権行為と非難しつつ2兆ドルに要求を減額したものの共和党案の1兆ドルに歩み寄ることはなく、紆余曲折を経て今日に至っています。民主党の求める州・地方政府への資金支援や家計への第2弾の現金給付などを共和党が排除したということはあるにせよ「9080億ドル」で妥協するならなぜもっと早く合意できなかったのか。共和党の支持者は何を今さらと思うでしょう、たぶん。
    「米国民は今支援を必要としている。今すぐ行動しなければ、先行きはとても暗いものになる」というのは夏のころトランプ大統領が主張していたところに似ています。選挙を意識せざるを得ないのが民主主義国家の宿命ではありますが、危機的な状況下、真にいま何をすべきかを第一に考えた政治が行われているのかどうかが気にかかります。(・・;


  • 永濱 利廣
    badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    雇用統計悪かったのに株上がったのはこれが主因のようです。


  • 前嶋 和弘
    badge
    上智大学 総合グローバル学部教授(現代アメリカ政治外交)

    額だけみれば、夏にもめた際の共和党案1兆ドル以下の9080億ドルなので妥協可能。バイデン政権は出鼻から対立モードになる可能もあり、このタイミングを逃すと難しい可能性も。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか