新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今後EV車などの電気エネルギーの需要が急激に増えることと、不安定な自然エネルギーを使いこなすには、やはり蓄電システムの確立が急務ですね。

EV車が解決するべき課題は2つあると思います。
1つ目は一回の充電で走れる走行距離を伸ばすこと。
2つ目は一回の充電時間を短縮すること。

リチウム空気電池は特にこの1つ目の課題を解決してくれることが期待されています。現在のEV車はリチウムイオン電池が中心で1kgのバッテリーでだいたい250kw程度が限界と言われています。つまり車用に通常の規格であれば一回の充電で300kmくらいの走行距離であり、それより走らせようとするとバッテリーが重くなってしまいますので、その分車が大きくなってしまったり、価格が高くなったりしてしまいます。

その点、リチウム空気電池は電極の片方を空気にすることによってだいぶ軽量化できるため、同じ重さのバッテリーでも長く走行できるようになります。そのエネルギー密度はリチウムイオン電池の5倍とも言われています。

ここにもありますように今の課題は充電電圧が理論値よりもかなり高すぎて充電できる回数、つまりバッテリーの寿命が短過ぎるということがあるそうですが、このような研究が進んで近い将来大きなイノベーションが生まれそうですね。

日本でも様々な研究所で色々な触媒を試したり、液体触媒と固体触媒を併用したり、競うように研究されているようなので、日本から革命が起きることが楽しみです。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
20.7 兆円

業績