新着Pick
246Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「UberやLyftが無人タクシーを開発すれば一気に黒字化するので、大きな可能性を秘めている!」という議論がIPO前にもありました。当時から、「自動運転技術を開発している企業が参入してきたら、既存のアセットを持っていないからこそ(≒しがらみが少ないからこそ)、より利益率が高いビジネスができる可能性も高い。UberやLyftのV字の黒字化は中長期でも厳しいかもしれない」と思っていましたが、将来的にはそのシナリオもありえそうな状況になってきました。

もちろん規制面、オペレーション面含めハードルは高いでしょうが、この流れは継続して見ていきたい流れですね。
いよいよタクシー運転手は一部ハイヤーくらいしか残らないでしょうね。日本のおもてなしタクシー運転手軍団がどこまでやれるか。サービスレベルが高すぎてテクノロジーが追いつくのは最後になるでしょう。だってユーザーは今のままで満足してますからね。あとは規制がどうなるか
amazonが企画、Rivianが設計、ZOOXが制御、そしてFORDが製造…こんな感じで、現状、amazonが配送に使っているFORDのバンが、Rivianの電動トラック+自動運転になるのでしょうね。個人的な予測です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える多国籍テクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称である。 ウィキペディア
時価総額
166 兆円

業績